アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • 仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化 舞台『「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝-』上演決定

仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化 舞台『「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝-』上演決定

 平成仮面ライダーシリーズ第15作として、2013年10月から14年9月にテレビ朝日系で放送され、今なお圧倒的な人気を誇る『仮面ライダー鎧武/ガイム』に登場した仮面ライダー斬月を主役とする、平成仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化が決定した。

【写真】その他の写真を見る


 タイトルは、舞台『「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝-』。『仮面ライダー鎧武/ガイム』テレビシリーズから仮面ライダー斬月・呉島貴虎(くれしま・たかとら)を演じた久保田悠来が、舞台版でも同役で主演を務め、脚本・演出は、テレビシリーズの脚本も手掛けた毛利亘宏氏(少年社中)。

 シリーズ原案・監修は、虚淵玄氏(ニトロプラス)が担当し、脚本協力に鋼屋ジン(ニトロプラス)と、『仮面ライダー鎧武/ガイム』をつくりあげたスタッフがそろい、これまでにない新たなオリジナルストーリーで、人間ドラマを深く描く。

 久保田も自身のツイッターを通じて「私久保田悠来が主任…主演の舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-が3月に東京・京都にて上演されます。仮面ライダーシリーズ初の演劇作品化。20周年にメロンを添えられたらと思います。呉島貴虎ともどもお待ちしております」とコメントしている。

 『仮面ライダー鎧武/ガイム』のライダーのモチーフは「フルーツ」と「鎧武者」。変身アイテムは果物を模した錠前「ロックシード」で、鎧に変型する変身シーンは毎回、視聴者の目を釘付けにした。仮面ライダー斬月(呉島貴虎)はメロン。カラフルでポップなライダーたちの姿に対し、シリアスでハードで壮大な物語を展開した。

 舞台『「仮面ライダー斬月」 -鎧武外伝-』は、2019年3月に東京・京都で上演予定。詳細などは追って発表される。

関連写真

  • 舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-で主演を務める久保田悠来
  • 舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-ロゴ

オリコントピックス