名古屋・大須発のボーイズグループ「Cool-X」(クールエックス)が22日、初のZepp Nagoya(愛知)でのワンマンライブを開催。1000人でメジャーデビューが決まる正念場で見事1019人の動員を達成し、来年のデビューを手にした。 ボーカルの前田純基・萩凌介・馬場涼真、パフォーマーの濱中元嗣・山内大輝ら5人からなるCool-X。彼らが掲げる「NAGOYA TO THE WORLD」は、名古屋から世界へエンターテインメントシーンを盛り上げていくという信念の表れ。その言葉通りこの日も『NAGOYA FASHION FESTA』とのコラボレーションや地元ダンススクールとのコラボ・パフォーマンスと冒頭から観客を飽きさせない演目が展開された。彼らの考えに呼応・感動した河村たかし名古屋市市長も観覧、激励に訪れた。

この記事の画像

  • 来年のメジャーデビューが決定したCool-X
  • 来年のメジャーデビューが決定したCool-X
  • Cool-X、初のZepp Nagoyaワンマンの模様
  • Cool-X、初のZepp Nagoyaワンマンの模様
  • Cool-X、初のZepp Nagoyaワンマンの模様
  • Cool-X、初のZepp Nagoyaワンマンの模様
  • Cool-X、初のZepp Nagoyaワンマンの模様

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索