アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 特撮
  • “電王”佐藤健、10年ぶり仮面ライダー作品に出演「僕の原点」

“電王”佐藤健、10年ぶり仮面ライダー作品に出演「僕の原点」

 俳優の佐藤健が、22日より公開された『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に、『仮面ライダー電王』(2007年〜08年)で演じた野上良太郎役で出演している。2008年10月4日公開の『劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』以来、10年ぶりの仮面ライダー作品。本人からのコメントが到着した。

■佐藤健のコメント
 記念すべき平成最後の劇場版仮面ライダーに呼んでいただき大変光栄です。『仮面ライダー電王』は僕にとってほぼゼロから全てを教えていただいた僕の原点です。当時から支えていただき、そして今でも好きだと言ってくださる方へ感謝の気持ちをお伝えしたいし、現実世界において虚構である仮面ライダーという存在が、僕等の心の中では真実であり永遠なのだという想いを、限られた出演時間ではありましたが込めたつもりです。そんなことはライダーを愛する皆様にとって当然のことかもしれませんが、この映画を我々が創ることで、皆様がそれをご覧になることで、そんな想いを少しでも共有できれば幸いです。

■『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』
 映画は、冬の恒例映画として人気を博してきた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ(2009年〜15年)、「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」(16年〜)シリーズ。その最新作にして、平成最後となる仮面ライダーの劇場版。平成という時代を駆け抜けてきたヒーローたちに突き付けられる「仮面ライダーは虚構の存在だ」という衝撃の事実、そして平成仮面ライダーの歴史そのものを消し去ろうとするシリーズ最大の敵に、仮面ライダージオウ・仮面ライダービルドを中心とした歴代平成ライダーが挑む。まさに「平成仮面ライダー」の集大成にふさわしい記念作となっている。

■『仮面ライダー電王』
 2007年1月28日〜2008年1月20日にてテレビ朝日系で放送された平成仮面ライダーシリーズ第8作目。歴史を改変するために未来からやってきた侵略者イマジンと、これを阻止するために戦う仮面ライダー電王・野上良太郎、そして良太郎に憑依し力を貸すモモタロスたちの活躍を描いた物語。タイムトラベルを中心とした緻密な物語構成や、良太郎に憑依するイマジンによって電王の変身フォームが変化すること、またイマジンに憑依されて人格が入れ替わる良太郎を佐藤が熱演したことなどで人気を博した。その人気ぶりはテレビシリーズ終了後も複数の映画作品が制作・公開されているほど。

オリコントピックス