• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • チョコプラ長田、和泉元彌と初対面 「そろりそろり」と狂言の熱血指導

チョコプラ長田、和泉元彌と初対面 「そろりそろり」と狂言の熱血指導

 お笑いコンビのチョコレートプラネットが、28日放送のテレビ朝日系バラエティー特番『金曜★ロンドンハーツ 豪華49名で笑いの祭典 ドッキリスター大賞&奇跡の変身4時間SP』(後7:00〜11:10)に出演。長田庄平がものまねをしている狂言師・和泉元彌と“ドッキリ”を通じて初対面を果たす。

【写真】その他の写真を見る


 松尾駿IKKOモノマネで大ブレイクしたチョコプラ。松尾は『ロンハー』でIKKO本人との共演が実現、お互いに「どんだけ〜!」を言い合うなど、見た目にもド派手な展開となった。一方、相方の長田は松尾の「どんだけ〜!」に比べて「そろりそろり」と足を動かす姿は今ひとつ地味で、本人との共演もなかったことから、今回の企画が立ち上がった。

 今回のテーマは「本家そろりと夢の初共演」と題して、600年以上続く和泉流の狂言師である和泉が、“ニセそろり”を前にどんな反応を見せるのかを検証。モノマネ特番の収録と称し、スタジオに入ったチョコプラ長田は、一通りネタを披露すると、紹介用にとカメラ目線で「そろりそろり」を続ける。

 一心にカメラに向かって「そろりそろり」を続ける長田の背後から、なんと和泉がバズーカ砲を手に接近。長田の「そろりそろり」に笑いを堪えつつ、元彌は長田に向かってバズーカを発射する。初顔合わせが実現し、和泉が「初めまして。やりたい放題やっていただいてありがとうございます」と笑顔で呼びかけると、長田は「すみません、申し訳ございません」と恐縮しきり。和泉は「(自分の)周囲は似ているというが、自分は『違う!』と思っていました」と切り出し、長田のものまねのクオリティを上げてもらう場を作りたいと提案する。

 長田は狂言を習ったことはあるものの、和泉流の狂言ではなかったことから、熱血指導がスタートする。和泉はいきなり「そろりそろりの手の形が僕じゃない」といきなりダメ出し。手の形や姿勢など思った以上に細かい指導をされ、長田も「バラエティーじゃない、ただの狂言指導。ガチ指導」と嘆いてしまう。それでも、新ネタまで提供してもらい、無事に和泉流の指導を終えた長田。最後は思い出作りとして「そろりそろり」にちなんだ場所での過激な思い出作りをすることになる。

 そのほか、チョコプラ松尾がIKKOのモノマネによるニセナレーション収録でディレクターから無茶苦茶な指示をされるドッキリ、巨大迷路での落とし穴ドッキリ、サイエンスプロデューサー米村でんじろうプロデュースの化学反応大爆発ドッキリ、コロコロチキチキペッパーズナダルの好感度アップを狙ったドッキリを敢行。「年末ドッキリスター大賞」は、ジェットスキーの大しぶきで芸人たちが乗ったカヤックが転覆する「いきなりビッグウェーブ転覆ドッキリ湖」、田村淳有吉弘行アンタッチャブル山崎弘也というドッキリにはあまりかからない3人による「以心伝心ドッキリルーム」など豪華8本立てとなっている。

関連写真

  • チョコプラ長田、和泉元彌と初対面(C)テレビ朝日
  • バラエティー特番『金曜★ロンドンハーツ 豪華49名で笑いの祭典 ドッキリスター大賞&奇跡の変身4時間SP』(C)テレビ朝日
  • バラエティー特番『金曜★ロンドンハーツ 豪華49名で笑いの祭典 ドッキリスター大賞&奇跡の変身4時間SP』(C)テレビ朝日
  • バラエティー特番『金曜★ロンドンハーツ 豪華49名で笑いの祭典 ドッキリスター大賞&奇跡の変身4時間SP』(C)テレビ朝日

オリコントピックス

 を検索