• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 田中圭『24時間テレビ』完走に感慨「いろんな伝説になりました」

田中圭『24時間テレビ』完走に感慨「いろんな伝説になりました」

 俳優・田中圭(34)が、12月15日夜9時からAbemaTV特別番組『田中圭24時間テレビ』をスタートさせ、翌16日夜9時50分に完走した。予定を50分超えたものの無事にドラマを作り上げ、エンディングでは「本当に今思えばしんどかったし、今もしんどい。それでも24時間の1秒1秒がかけがえのない糧となった」と充実感をにじませ「本当に本当にありがとうございました!」と感謝を爆発させた。

 タイトル通り、田中が24時間の生放送ドラマに挑戦。俳優の吉田鋼太郎、女優の吉田羊川栄李奈など、30名以上のゲストが1時間ごとに登場しながら、番組内で「一本のドラマ」を完成させるという前代未聞の内容で、企画・演出を放送作家の鈴木おさむ氏、共同脚本を『東京タラレバ娘』で知られる漫画家の東村アキコ氏が担当するほか、監督を『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』の本広克行氏、映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎氏が務めた。

 エンディングトークでは、周囲に労われながら「終わりを迎えられたことを誇りに思います」と胸を張り「いろんな伝説になりました、確実に。達成感? フワフワした不思議な気持ちです」と心境を吐露。

 放送直後には、取材に応じ「終わるものだな…」と胸をなでおろしながら「すごくしんどかったけど、意味のある時間を共有できた」と感無量の表情。「今、したいこと」を問われると「お家帰ったら風呂に入って、寝たいと言いたい。けど、家に何人か集まっている。それに僕自身は何も観ていないので、ちょっと落ち着いてドラマを見直したい」と明かした。

関連写真

  • AbemaTV特別番組『田中圭24時間テレビ』を完走した田中圭 (C)ORICON NewS inc.
  • AbemaTV特別番組『田中圭24時間テレビ』を完走した田中圭 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス