アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 延期の実写版『パタリロ!』2019年公開へ 限定予告編に加藤諒、作者・魔夜峰央氏登場

延期の実写版『パタリロ!』2019年公開へ 限定予告編に加藤諒、作者・魔夜峰央氏登場

 2018年秋に公開予定だった実写映画『パタリロ!』が、2019年に公開されることが1日、都内で行われた作者・魔夜峰央氏のトークイベントで発表された。あわせて、予告編映像が会場限定で初公開され、CGをふんだんに使用した映像の中に、主演の加藤諒のほか魔夜氏も登場した。

【写真】その他の写真を見る


 1978年11月20日に『花とゆめ』(白泉社)で連載が始まり、テレビアニメや舞台化もされた同作は、マリネラ王国国王のパタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が周囲を巻き込んで起こす騒動を描いた物語。複数の雑誌に同時連載していた時もあったが、現在は『マンガPark』で連載中で、82年にテレビアニメが放送、16年と18年に加藤諒主演で舞台化もされた。

 先月11月20日に連載40周年を迎え、同時にコミックス100巻も発売。少女漫画界のギャグ漫画としては歴代1位の長編作品で、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ゴルゴ13』など国内で発売されている同一タイトル作品で100巻以上刊行された14番目の作品になっている。

 実写映画は3月に行われた『舞台「パタリロ!」☆スターダスト計画☆』の初日会見で発表されたもので、2018年秋公開予定だったが諸事情により延期となっていた。

 この日行われたトークイベントは、同作の連載40周年&コミックス100巻発売を記念して開催されたもので、作者・魔夜氏と実写映画で主演を務める加藤が出席。観客へサプライズで予告編が初公開され、コミックス100巻の帯に「映画『パタリロ!』2019年公開」と書かれていたが、改めて2019年公開と告知。CGをふんだんに使用した映像の中に、加藤のほか魔夜氏も登場し会場は驚きと笑いに包まれた。

 撮影秘話で魔夜氏は「人間が出演するところは1ヶ月くらいで終わったのですが、CGの編集作業が半年以上かかった」、加藤も「プロの方々がこだわり始めて、キリがなくなった」と明かした。

 加藤諒の起用について魔夜氏は「この人しかパタリロはできませんから。実は実写映画化の話はあったのですが、パタリロを務めることができる役者がいない。そこにつきる。でも、実写のパタリロは諒くんに任せる」と絶大なる信頼を寄せていた。



関連写真

  • 漫画『パタリロ!』コミックス第100巻 (C)魔夜峰央/白泉社
  • トークショーに出席した(左から)魔夜峰央氏、加藤諒 (C)ORICON NewS inc.
  • トークショーに出席した魔夜峰央氏、(C)ORICON NewS inc.
  • トークショーに出席した加藤諒 (C)ORICON NewS inc.
  • トークショーに出席したアメリカザリガニの柳原哲也 (C)ORICON NewS inc.
  • トークショーに出席した(左から)アメリカザリガニの柳原哲也、魔夜峰央氏、加藤諒 (C)ORICON NewS inc.
  • トークショーに出席した(左から)アメリカザリガニの柳原哲也、魔夜峰央氏、加藤諒 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス