アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “お笑い怪獣”さんま、運転中は無口 いとうあさこの“終活”質問に本音

“お笑い怪獣”さんま、運転中は無口 いとうあさこの“終活”質問に本音

 明石家さんまと女芸人たちが、鬼怒川への旅行を通して本音を語り合うフジテレビ系バラエティー『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』が、きょう1日に放送される(後9:00〜11:40)。“芸能界のパワースポット”との呼び声高いさんまとの旅を通じて、たくさんの元気と笑い、そして人生向上のヒントをもらうために総勢17人の女芸人が集結した。

【写真】その他の写真を見る


 鬼怒川に到着し、用意されていたのはアメリカ製のオープンカー。ハンドルを握るさんまの助手席に座ったのはアジアン隅田美保。後部座席には大久保佳代子ブルゾンちえみ誠子尼神インター)が乗り込み、婚活女子の本音トークがさく裂する。隅田は「男性が運転する車の助手席に座るのは、タクシーの運転手以来」と興奮が隠しきれない様子で、“3年キスからご無沙汰”だという大久保は、アメ車特有の重低音と振動の心地よさに身をゆだねながら「キスしたい。軽い女になりたい」と自身の願望を赤裸々に語り出す。

 そんな女性陣から、さんまへプライベートに切り込んだ質問が続々。「運転中にドキッとする女性のしぐさは?」との質問には「ふいに、ほっぺたにキスされたらドキッとする」と告白。そして「運転中は相手の話をずっと聞いている」と“おしゃべりの神様”さんまの意外な素顔が明らかになる。

 一行は宿泊地に到着すると、童心に帰ってゲームやバーベキュー、花火、餅つき大会で大盛り上がり。夜もすっかり深まり、真夜中のパジャマトークがスタートすると、さんまが女芸人たちの質問にすべて答えていく。「エゴサーチはするの?」「どうやって子育てしたの?」「人を嫌いになることってあるの?」との疑問が寄せられる中、いとうあさこからは“終活”についての質問が。「さんまさんって死ななそうなイメージがあるんですけど…」と切り出して「死ぬことについて考えることありますか? 自分のお葬式のイメージってあるんですか?」といとうが向けると、さんまは誠実に本音を語る。すると、いとうも思わず「私泣いちゃうかも」と目頭を熱くさせる。



関連写真

  • 『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』の模様(C)フジテレビ
  • 『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』の模様(C)フジテレビ
  • 『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』の模様(C)フジテレビ
  • 『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』の模様(C)フジテレビ
  • 『さんま&女芸人お泊まり会 人生向上の旅』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス