アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 赤木春恵さん死去 94歳 『3年B組金八先生』『渡る世間は鬼ばかり』などに出演

赤木春恵さん死去 94歳 『3年B組金八先生』『渡る世間は鬼ばかり』などに出演

 女優の赤木春恵さん(本名:小田章子=おだ・あやこ)が29日午前5時7分に府中市内の病院で心不全のため亡くなった。94歳。所属事務所が同日発表した。

 通夜は12月3日午後6時から、告別式は12月4日午後1時から築地本願寺和田堀廟所(杉並区永福)で執り行われる。

 喪主は、長女・野杁泉(のいり・いずみ)さんの夫で、オフィスのいりの社長・野杁和俊(のいり・かずとし)さん、葬儀委員長は演出家・プロデューサーの石井ふく子氏が務める。

 赤木さんは旧満州出身。1940年に松竹にニューフェースとして入社し、1943年に大映入社、1948年に東映に入社しその後、1959年に森繁劇団参加と同時にフリーとなった。TBS系『3年B組金八先生』では校長役を演じ、『渡る世間は鬼ばかり』では、泉ピン子演じる五月の姑役として抜群の存在感を発揮。2013年には映画『ペコロスの母に会いに行く』で主演。当時、日本映画では最高齢の主演女優として話題となった。



オリコントピックス