アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 堂本光一“階段落ち”は「意地」 『Endless SHOCK』来春1700回達成へ

堂本光一“階段落ち”は「意地」 『Endless SHOCK』来春1700回達成へ

 人気デュオ・KinKi Kids堂本光一が21日、都内でおこなれた主演舞台『Endless SHOCK』製作発表会に出席した。同作の目玉といえば光一による激しい“階段落ち”だが「なにか終わりを考えながらものごとに取り組んだことはないですし、自分としてもやれる限りはたやっていきたい」と継続に意欲。「ここまで来ると、なにか自分の意地もあるなか、なにかあそこをラクにしたら続けられるとかは考えたくない」と強い想いを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 2000年11月『SHOCK』としてスタートした同舞台は来年3月31日の千秋楽をもって同一演目単独主演記録1700回越えを達成(現時点では1630回)。単独主演作としては故・森光子さん主演『放浪記』のみが成し遂げている1700回に並ぶ。森さんの42年5ヶ月に対し、光一は18年5ヶ月(見込み)という24年早い到達となる。

 森さんが『放浪記』名物のでんぐり返しを万歳三唱に変えて上演し続けたことにちなみ「階段が滑り台になるとか…そういう風にはしたくないな。いずれはいいかもしれないけど」と、斬新な仮定で笑いを誘う光一に、ライバル役の内博貴はすかさず「それは吉本新喜劇です」とツッコミ。「なにより、来てくださるお客様がいる限りは年々大きくなるプレッシャーと闘いながら自分も成長できればいいな、と。40(歳)にもなってまだ成長するのかと思われるかも知れないけど、まだ身長もまだ伸びると思ってます」と重ねて会場を沸かせた。

 この日は光一率いるカンパニーによる歌唱パフォーマンス「CONTINUE」も披露され、内のほか、出演者となるふぉ〜ゆ〜福田悠太辰巳雄大越岡裕貴松崎祐介)、寺西拓人ジャニーズJr.)、Travis Japan松田元太松倉海斗川島如恵留)、梅田彩佳前田美波里が参加。

 7年ぶりの東京公演出演となる内が「7年前のことを思い出したんですけど、楽屋から出れなかった。初日が開くのが怖くて…」といえば、光一は「腐った消しゴムみたいな顔してた」。ふぉ〜ゆ〜には「あとはこいつらで〜す」と投げやりに紹介して「お前ら、どこのコーラス隊だよ?」と後輩をイジりまくり。光一は集まった約500人のファンにも「お客さんがいないと歌うにあたって拍手がまばらになるのが嫌だった」とツンデレの“ツン”を存分に発揮した。

 それでも来年、ついに40代を迎えることに「最初に帝劇に立ったのは21歳。恐ろしいですね…今の方が体力はある。ただ回復が遅い。実際は体力は今のがあるし体力勝負ではありますが、なにより自分がなんで長く続けられるかといえばすばらしいスタッフと共演者がいるから。一応言っときますけど…ファンの方もいるからだと心から!思ってます」としっかり“デレ”の部分もみせていた。

 来年2月4日から3月31日まで東京・帝国劇場、秋には大阪・梅田劇場で上演される。なお、内、越岡、福田、寺西は東京のみ出演。中山優馬、辰巳、松崎らが大阪公演のみの出演となる。

関連写真

  • 来年3月31日の千秋楽をもって単独主演記録1700回越えを達成する堂本光一 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『Endless SHOCK』製作発表会に出席した(左から)内博貴、堂本光一 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『Endless SHOCK』製作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『Endless SHOCK』製作発表会に出席した(左から)梅田彩佳、前田美波里 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス