アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 北川景子、念願の『脱力タイムズ』出演で緊張「ずっと台本と向き合っていた」

北川景子、念願の『脱力タイムズ』出演で緊張「ずっと台本と向き合っていた」

 お笑いコンビ・バイきんぐ小峠英二と女優の北川景子が、あす9日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。「ボランティアの最前線」をテーマに、学生ボランティアスタッフをスタジオに招き、現場の声を交えて議論を行っていく。

【写真】その他の写真を見る


 ボランティアスタッフが今回の収録に無償で協力していることを知った全力解説員たちは、全員感銘を受けて「大切なのは、お金ではなくやはり“気持ち”だ」と熱く主張。北川も、その意見に賛同し、スタジオ一同が「お金よりも“気持ち”」で統一された矢先、MCアリタ(有田哲平)のある発言から空気が一転する。番組後半にはスペシャルゲストが登場し、北川のラブラブな様子がテレビ初公開となる。

 北川は収録を終えて「自分から『出たい!』と言ってハードルを上げてしまったので、収録前はとても緊張しました。これまでの放送が面白かったので、それを越えたいとまでは言えないですけど、今回はつまらなかったと思われるのは嫌なので、とても責任を感じていました」と回顧。「台本をいただいて、だいたいの流れを覚えて、もし忘れてしまってもカンペなどでフォローがあるんだと思っていたら、何もないと言われたので『丸暗記しないと!』と焦って、きのうはずっと台本と向き合っていたんです」と奮闘ぶりを明かした。

 実際の収録については「本番は、台本通りに行かない部分もありましたが、逆に面白くなったと思います! 大好きな“脱力タイムズ”の世界観に自分が入り込めてうれしかったです!」と充実した様子。「本業よりも緊張しました。この番組は台本と構成が命だと思うので、ある意味、脱線しないように気をつけながら、かつバラエティーはその場で生まれるおもしろさがあるので、軸がある中で何が生まれるかというのを大切にしないと、と思ったら本当に緊張しました」と力説した。

 自己採点を求められると「もうちょっとできたんじゃないかと思うところもあるので、80点です。次回、呼んでいただいたときは、100点と言えるように、残り20点を取りに行きます!」と再びの出演にも意欲。「ボランティアがテーマということで、みなさんの頑張りや思いを、視聴者の方にもお伝えしたいですし、やはりテレビ初公開のエンディング内容まで、是非ご覧いただきたいと思います!」とアピールしていた。



関連写真

  • 9日放送のバラエティー番組『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • 9日放送のバラエティー番組『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • 9日放送のバラエティー番組『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • 9日放送のバラエティー番組『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス