アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • さんまの『おかべろ』生出演決定に、岡村隆史「ゲストじゃなくジャック?」と戦々恐々

さんまの『おかべろ』生出演決定に、岡村隆史「ゲストじゃなくジャック?」と戦々恐々

 開局60周年の関西テレビが今月17日・18日に『開局60周年!カンテレ8ppy大感謝祭』として、5時間超えの生ワイドや人気番組のスペシャルなど、2日間あわせて12時間以上にわたり生放送を行う。そのうち17日午後3時から『おかべろ2時間半生放送SP』(後3:00〜5:30)をカンテレ本社から生放送。ゲストとして、“お笑い怪獣”明石家さんまが出演することが決定した。

 『おかべろ』は、テレビ局の近くにあるダイニングバーという設定のもと、常連客のナインティナイン岡村隆史と店主のロンドンブーツ1号2号田村亮が、有名人から“ここだけ”の話を引き出すトークバラエティー。

 さんまの生出演決定を受けて、岡村は「気付いたら『さんまのまんま』になっているんちゃうかなと思います(笑)。楽しみなんですけど、ちょっと怖いな…というのもありますね」と率直にコメント。亮も「僕たちが、さんまさんのいろいろなことを掘って聞き出しているという姿がまったく想像つかないです。ほぼ向こうのペースになるだろうな、という覚悟はしております」と早くも緊張の面持ちだ。

 しかも今回は、カットややり直しのきかない“生放送”。岡村は「さんまさんの番組の生放送のときに僕が出た、ということはあるんですけど、僕らの番組の生放送で、さんまさんに来ていただくっていうのは、ちょっとどうなるかわからないですね…。ただでさえ、ペース配分が難しいのに、さんまさんの出方次第で大きく変わりますからね」と先の読めない展開を予想。

 亮も「予定どおりにいくか、ほんまにわからないです。制作スタッフは台本やタイムスケジュールなど、きちんと準備すると思うんですけど、ぼくらはあきらめていますから」と笑いながら語り、「(さんまさんにも)この番組を観てもらって、どう思っているか聞きたいですね。答えが楽しみです」と後輩らしさを見せた。その一方、トークの“回し役”である亮の立ち位置に入ってくるのでは…と恐れ、「ずーっとカウンターの中にいて、『俺にやらせて』って言うかもしれん」と予測。岡村も「ゲストじゃない、番組ジャックかもしれないですね」と同調した。

 独特のゆるさが特徴の“『おかべろ』らしい”コーナー、間寛平村上ショージが全国を巡り、各地の絶品料理の美味しさの秘密“隠し味”を当てる「秘伝ハンター!隠し味を当てましょう!」もスペシャル企画に。いつもはVTR出演のみの間・村上の2人がスタジオに登場すると聞き、進行を担う亮は「秘伝ハンターのVTRだけでもどうなるかわからへんのに…無理だ(笑)。寛平師匠、ショージ師匠とさんまさんがいる中でどうなっていくか、あまりにも想像がつかないですね」と、コントロール不能のスタジオ展開を覚悟していた。

 最後に、今回の『おかべろ』へのさんま生出演がカンテレ開局60周年の特別企画であることを受け、岡村は「楽しみですね。お祭りにふさわしい感じになればいいかなと思っています」と締めくくっていた。



関連写真

  • 『開局60周年!カンテレ8ppy大感謝祭』11月17日放送の『おかべろ2時間半生放送SP』に明石家さんまが登場(C)カンテレ
  • 「ジャックされるんちゃうか…」と岡村隆史と田村亮は戦々恐々(C)カンテレ

オリコントピックス