アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • キスマイ、聖夜に24時間生ラジオ 『ミュージックソン』初パーソナリティ担当

キスマイ、聖夜に24時間生ラジオ 『ミュージックソン』初パーソナリティ担当

 人気アイドルグループ・Kis-My-Ft2が、12月24日の正午から25日にかけての24時間生放送されるニッポン放送恒例のクリスマス特番『第44回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』のパーソナリティに起用された。藤ヶ谷太輔は「Kis-My-Ft2の7人の『個性』や『らしさ』を表現できればと感じています」と意気込んでいる。

 24時間の生放送を「未知の領域」と語る北山宏光は「これまでラジオやテレビで24時間の生放送を担当される方を見ていて、本当に大変なんだろうなと見ていたんです。いつ寝ているんだろう?どうしているんだろう?と。まさか自分たちがこういう形で24時間のラジオを担当させて頂けるなんて」と起用に驚き。

 千賀健永も「24時間の生放送というのは、一つのテーマを広げる時間がすごくあると思うので、テーマが広がった最後にメンバーの個性や心の内など『素』が出てくると思います」と話し、「24時間の生放送を元気にお届けできるよう、チョコレートとか、糖分を多く置いて臨みます!」と早くも準備に余念がない。

 やってみたい企画として、藤ヶ谷は「僕は昭和62年6月生まれなのですが、男女問わず昭和62年6月生まれの方に集まってもらってとことん話をしてみたいです。男子高校生のリアルな恋愛相談にも乗ってみたいですね」と提案。千賀も「意外なギネス記録を持っている方とお話をしてみたいです。ドミノ倒しの最高記録保持者のように、凄いことを成し遂げた人をお呼びしたい」と要望するなど、メンバーも番組づくりに積極的に参加している。

 これまで東山紀之や中居正広、長瀬智也、KAT-TUN、V6などジャニーズの先輩たちがこの大役を務めてきた。北山は「先輩方のバトンを受け取るわけですから、しっかりやり切るのも大切ですけど、一方で自分たちの個性が出せるように、守りすぎず、しっかりと楽しんでもらえるようにしていけたら」と目標を掲げた。

 毎年恒例の同番組は、目の不自由な方が安心して街を歩けるように『音の出る信号機』を設置する基金を募るチャリティ・キャンペーンの一環として1975年よりスタート。第11回まで萩本欽一がパーソナリティを務めてきたが(第5回からは研ナオコも参加)、第12回からは同局にゆかりのあるタレントが年替わりで務めている。



オリコントピックス