アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 中村倫也、中川家・礼二との“即興コント”に手応え「思いっきり楽しみました!」

中村倫也、中川家・礼二との“即興コント”に手応え「思いっきり楽しみました!」

 お笑いコンビ・中川家礼二と俳優の中村倫也が、あす2日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。「今年あったニュース、その後どうなった?」とのテーマで、2018年に報道されたニュースの気になるその後を、それぞれの現場と中継でつないで伝える。

【写真】その他の写真を見る


 まずは、日米の貿易問題について、日米問題に詳しく、全力解説員としても出演している岸博幸氏が、米・ワシントンのホワイトハウス前から中継。岸氏はアメリカ国民がどう思っているのかといった内容を伝えると、日本のスタジオでは「生の声が聞けて新鮮だ」と好評。続けて、中国・上海や、先日移転したばかりの豊洲市場など、各地域でそれぞれのニュースのその後や現地の人々の意見を聞いて回ることになる。

 しかし、礼二が何やら中継先の様子がおかしいことに気づくと、そこには何とも『脱力タイムズ』らしい仕掛けが判明。さらに、礼二と中村による即興コントも実現し、初対面とは思えないほど息の合ったかけあいを見せる。

 中村は収録を振り返り「本当に盛りだくさんでしたね! これを40分に収めるんですもんね。ずっと好きで見ていた番組だったので、そこに入って“シリアス”と“コメディ”の狭間と言いますか、その都度その都度、どっちの顔をしていいのか分からなくなりながら、楽しくなっていました。礼二さんも横であんなことになって、さらには本当の単独ライブみたいなことにもなっていたので、とてもぜいたくな時間でした」と充実した様子。

 『脱力タイムズ』の魅力については「不思議なのが、構成の枠組みを作っているのに、より自由になっているところですね。“報道です”っていう体を作った上で、何をやっても許されるという。そのアイデアとか仕組みを見ていると、この番組やっている人たちは楽しいだろうなって感じますね。あとは、単純に役者とか抜きにしても好きなテイストです」と力説しながら、自己採点は「83点くらいですかね。ある出番の役作りが足りていなかったのが、反省点です」とした。

 礼二との絡みには手応えがあったようで「あんな遊び、高校生の時やっていたんですよ! だから、礼二さんの芸があって、ポンっと振られたんで『もういいや、やっちゃえ!』と思って、ノリでやりました。今回の構成上、僕はまじめなコメンテーターということでしたが、ある程度線を越えれば許されるキャラクターでもあったので、礼二さんとの絡みは思いっきり楽しみました!」とアピールしていた。



関連写真

  • あす2日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • あす2日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • あす2日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ
  • あす2日放送のバラエティー『全力!脱力タイムズ』の模様(C)フジテレビ

オリコントピックス