アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ムキムキ美女、美ボディ大会で総合優勝「ガリガリよりも大きい下半身を魅力的にみせたい」

ムキムキ美女、美ボディ大会で総合優勝「ガリガリよりも大きい下半身を魅力的にみせたい」

 健康的で美しいボディを競い合うコンテスト「サマースタイルアワード(以下SSA)ルーキーチャレンジカップ秋大会」が先日、横須賀市文化会館で開催され、約300人の男女が自慢の美ボディを披露した。

【写真】その他の写真を見る


 同大会は、大会未経験者・SSA初出場者のためのコンテストとして昨年新設されたばかり。コンテストに華に添える女性部門は、18歳以上の「フィットネスビキニ(ベティ)」と「ビューティフィットネスモデル」、満40歳以上の「ヴィクトリア」の3部門が設けられている。

 ボディラインのほか、ヘアやメイクも含めた女性らしさが重視される「ビューティフィットネスモデル」に対し、「フィットネスビキニ(ベティ)」と「ヴィクトリア」は、筋肉の発達状態やポージングの力強さなども評価されるため、本格的なフィットネス志向の女性達から人気が高い。

 今回、身長160cmまでのショートクラスに15名、トールクラスに13名が参加した「ベティ」部門で、オーバーオール(総合優勝)を獲得したのは、ショートクラス1位の猿渡淑乃さん(26)だ。

 フィットネスのインストラクターとして働く猿渡さんは「オーバーオールがとれて、素直に嬉しいです。始めから狙っていたので、この日、この瞬間を待っていた! という感じです」と、声を弾ませる。

「トレ歴は2年。きっかけはダイエットでした。ただガリガリに痩せるのではなく、もともと下半身が大きいので、それをより魅力的に見せたいなと思って。海外で流行っているフィットネスモデルのインスタとかを見ていると、みなさん、メリハリがあって、すごくカッコイイいいんですよね。そういうのを日本でも広めたい。そのために、がんばってトレーニングしようと思いました」

 大会では、もっとも自信がある背中を存分にアピールしていた猿渡さん。目指すのは、「砂時計のようなメリハリのあるボディ」だ。

「トレーニングをすることによって、ボディラインが変わっただけでなく、今まで知らなかった自分の強さや弱さを知ることもできました。今後の目標は、日本にもっとフィットネスを広めていくこと。そのためにも、これからも大会に出続けたいなと思っています」



関連写真

  • 『SUMMER STYLE AWARD ルーキーチャレンジカップ秋大会2018』フィットネスビキニ(ベティ)部門 総合優勝・猿渡淑乃さん 撮影/徳永徹
  • 笑顔でポーズする猿渡淑乃さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD ルーキーチャレンジカップ秋大会2018』フィットネスビキニ(ベティ)部門 総合優勝・猿渡淑乃さん 撮影/徳永徹

オリコントピックス