• ホーム
  • 芸能
  • 中村芝翫、橋之助ら息子とのハワイ思い出トークに照れ 恒例は浜辺で相撲大会

中村芝翫、橋之助ら息子とのハワイ思い出トークに照れ 恒例は浜辺で相撲大会

 歌舞伎俳優の中村芝翫(53)、中村橋之助(22)、中村福之助(20)、中村歌之助(17)が9日、都内で行われた、襲名記念特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会に出席。親子そろって、公演地であるハワイの思い出トークを展開した。

【写真】その他の写真を見る


 同公演は1995年に日米友好を目的に始まった文化交流イベント「ホノルルフェスティバル」にて実施され、歌舞伎公演を通して文化・伝統の交流と「日本の心」を伝えていくもの。

 4人そろって記者会見に登場するのは久しぶりだそうで、3人の父である芝翫は「先程背比べをしたら、4人とも段々と一緒になってきた。子どもたちの肉体の大きさであったり、精神の大きさを見ると月日を感じられるような気がします。過去の公演よりも子どもたちは大きくなっています」と父親の顔をのぞかせる。

 公演が行われるハワイの思い出については「結婚してから初めて女房に連れて行ってもらった。本当にすてきな場所で、『こんなところがあるんだ』と。僕らにとっては休日忙しい中で、休みをちょうだいした時に親子で行った場所。家にもその写真が多くあります」とにっこり。

 すると橋之助は「ハワイ大学の帽子があるのですが、それを父親が『橋之助の“H”だ』といって、ずっと被っていました」と明かすと、芝翫は「そうそうそう! よく覚えているね」と照れていた。

 一方、福之助は「父と2人で一緒にハワイへ行ったことがあるのですが、2人とも英語を話せないので『大丈夫かな?』というのがありました。その時にホテルで名球会の集まりがあって、2人でロビーに座りながらずっと野球選手を見ていました」、歌之助も「家族でハワイに行くと恒例なのですが、いつも最終日の夜に浜辺で相撲大会をします。今回もあるのかなと…」とそれぞれ思い出トークを展開した。



関連写真

  • (左から)中村歌之助、中村福之助、中村橋之助、中村芝翫 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会に出席した中村芝翫 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会に出席した中村橋之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会に出席した中村福之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会に出席した中村歌之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 特別公演『2019ホノルル歌舞伎〜ハワイ日系移民150周年事業〜』制作発表会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス