• ホーム
  • 芸能
  • 【eggギャル復活】強めギャル二人が語るカッコイイ女への欲求「私が一番“盛りたい”って思うのが本当のギャル」

【eggギャル復活】強めギャル二人が語るカッコイイ女への欲求「私が一番“盛りたい”って思うのが本当のギャル」

 1990年代後半、ギャルのバイブルとして一大ムーブメントを巻き起こしたギャル雑誌『egg』。2014年に休刊するも、18年3月にWEB版で待望の復活。かつて渋谷を賑わせたギャルたちが街に舞い戻りつつあるという。そこで、新『egg』モデルの“強めギャル”として存在感をみせる、あやかときぃりぷの二人にインタビューを実施。ギャルメイクに目覚めたきっかけや、“強めギャル”への想いを聞いた。

■派手なメイク=ギャルじゃない「自分もまだ“ギャルが足りてない”」(あやか)

 14年にギャル雑誌『egg』が休刊し、ギャルを街で見かけることも少なくなっていた。ネットでは「もはや化石」などと揶揄されることもあった“強めギャル”という存在。しかし、『egg』が復活したことで変化の兆しがあるという。

 「YouTubeやSNSの反応を見ていても、『強めギャルかわいい』って声は増えてきました」と、『egg』復活の効用を語るあやか。とはいえ、昨今のギャル事情に対して納得していない面もあるという。

 「最近、自分のことをギャルって言う子がいるけど、私からしたらどこがギャル!?って子も多い。金髪だったらギャルなの? みたいな。一緒にいても、この人はギャルじゃないなって思うこともあるし、今はギャルの基準が下がっちゃって悲しい」と、ギャルであることのプライドを隠さないあやか。

 ではギャルの基準とは何かと聞くと、「もちろんメイクもそうだけど、ギャルって“生き方”のことだと思う」と即答。そして「私の考えるギャルって、貫くところは貫くし、芯があるイメージ」と続けた。

 ギャルは雑に見えても、なんだかんだしっかりやる子も多いのだそう。「だから、ギャルにはあんまフワフワされたくない。ガツガツ行くのがギャルだし。仕事でもプライベートでも私が一番“盛りたい”って思うのが『egg』系ギャルでしょ」と強調した。

 ただ、欲求に対して我慢しない分、ギャル同士で衝突することも多いという。「ギャルじゃない子は LINE とかでグチグチ言ってる。でも裏で言うのとか私は嫌なんで。ギャルはそういうところがはっきりしている。そう意味では、自分もまだ“ギャルが足りてない”と思う」と明確に答えてくれた。何より「かっこいい女の頂点でいたい。ギャルの方が普通の清楚より強そうだし、かっこいい」と笑顔で語ってくれた。

■失敗と成功の繰り返しから生まれるギャルの「最先端カルチャー」(きぃりぷ)

 メイクをはじめたのは中学1年のときで、「他の人と同じことをしたくなかったし、目立ちたかった」と語るきぃりぷ。そんな彼女の母親もギャルだったのか?「いえ、母はギャルを“狩ってた”方。いわゆる地元でギャルを餌食にするヤンキーだったみたい」と豪快に笑った。

 今と昔のギャルの違いについては、「今も昔もギャルって結局はマネっこ。マネしてマネして、足し算引き算が上手いのがギャル。前は足すことが大事だったけど、今のギャルは引き算も上手ですよね」と冷静に分析する。

 「『egg』が復活する前って、地元のドンキに行ってもダイヤモンドラッシュのつけまは全然売れてなかった。だけど、『egg』が復活してからは、何店舗かドンキを回らないと見つからなくなった。それに、ガングロファンデーションの粉も全部売れてる。マジですか?と思う流れが来てる。地元の茨城の話だけど(笑)」

 何より、インスタで(視聴者から)メッセージが来て「メイクの真似したら、いつも下がっていたつけまが上がるようになりました」とか、「目がパッチリになりました」と言ってくれる人が増えているのだそう。

 「その子たちはギャルってわけじゃないんだけど、普通の子でもギャルメイクを活用できるんですよね。まつげが上がらないとか、鼻を高く見せたいとか、それって女の子なら誰もが思うこと。ギャルメイクを真似したら改善されたって人も多いんです」と、ギャルメイクの技術が一般の子にも活用されているのだと教えてくれた。

 「清楚な子も、ギャルメイクをポイントで取り入れたらメイクの悩みを克服できたりする。だからギャルって“最先端”だなと。私は中学生の時につけまを重ね付けして、カラコンも2枚重ねてた。ピアスは画鋲で空けてたし(笑)。そうやってギャルが突き抜けたことをやっていると、失敗も成功もあって、そんなとこからファッションの“最先端”が生まれるかもしれないですね」。そう語るきぃりぷからは、ギャルであることの誇りが感じられた。



オリコントピックス