• ホーム
  • 芸能
  • 『サザエさん』初代フネ役麻生美代子さんをテロップで追悼

『サザエさん』初代フネ役麻生美代子さんをテロップで追悼

 9日放送のフジテレビ系アニメ『サザエさん』では、1969年10月の初回から2015年9月まで46年間の長きにわたって磯野フネ役を務めてきた声優・麻生美代子さん(享年92)が8月25日に老衰で亡くなったことを受け、テロップで追悼した。

【写真】その他の写真を見る


 番組では2話目の『ボクたち起こし隊』のエピソード冒頭、台所で朝ごはんを作るフネの背中が映し出されたシーンで「1969年の放送開始から2015年までの46年間、磯野フネの声優を務めていただいた、麻生美代子さんが逝去されました。優しくてしっかり者の磯野家の母を演じてくださった麻生美代子さんのご冥福を心からお祈りいたします」とのテロップを入れ、故人を偲んだ。

 麻生さんは69年10月5日の初回放送から磯野フネの声を担当していたが、制作スタッフが当時89歳だった麻生さんの年齢を考慮し、15年9月27日放送回で卒業。オーディションを経て、番組が47年目に突入する10月4日放送から寺内よりえにバトンタッチしていた。



関連写真

  • アニメ『サザエさん』初代・磯野フネ役の麻生美代子さんが8月25日に死去(C)長谷川町子美術館
  • アニメ『サザエさん』初代・磯野フネ役の麻生美代子さんが死去(C)長谷川町子美術館
  • アニメ『サザエさん』初代・磯野フネ役の麻生美代子さんが死去(C)長谷川町子美術館

オリコントピックス