アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • U字工事&ナスD、テレビカメラ世界初潜入の部族に密着

U字工事&ナスD、テレビカメラ世界初潜入の部族に密着

 さまざまな視点で冒険者たちがガチンコ取材を敢行し、地球一周の大冒険を繰り広げている、テレビ朝日系リアル冒険バラエティー『陸海空 地球征服するなんて』。その企画のひとつ、冒険者・U字工事と番組ディレクター、通称“ナスD”による「部族アース」最新版が約4ヶ月ぶりに放送される。番組タイトルは『陸海空 地球征服するなんて presents 大アマゾンSP第四弾 U字工事とナスDの大冒険』(9日 後6:57〜11:05)。

 今回は、U字工事&ナスDが、またまた南米アマゾンへ赴き、二手に分かれて世界初潜入の部族を含む5つの集落をガチ調査。先住民たちはいったいどんな生活を送っているのか、比較しながら紹介していく。

 ナスDは、以前にも密着取材したシピボ族の集落“プエルトフィルメーサ村”にまたまた向かう。ここは“ナスD生誕の地”といっても過言ではない場所。昨年、潜入取材した際、シピポ族の女性に「美容にいい」と、“ウィト”という果実の汁を勧められ、「美容ありがてぇ」と、嬉々として全身に塗りたくったナスD。しかし、実はウィトの果汁は、タトゥーにも使われるほど強力な染料で、全身、真っ黒に染まってしまい、“ナスD”と呼ばれるようにった縁のある場所だ。

 今ではすっかり元の肌色に戻ったナスDが、再びプエルトフィルメーサ村を訪れ、これまでの滞在で仲良くなった少年・ナウンくんをはじめ、シピボ族の人々と再会。彼らも大喜びで歓迎した。

 さっそく酒や料理をご馳走になるが、なぜかその背後で村の女性たちがウィトを作りはじめて…!? 女性たちは「また顔に塗ってもいいわよ!」とノリノリで誘ってくる。ナスDは「塗れってこと? もう作ってるもんな。塗ろうか!」と肝の据わった返答を。ようやくフツーの顔色を取り戻したナスDだが、またしても破天荒に黒く染まってしまうのか!?

 その後、ナスDは年に一度の村の祭りやナウンくんの学校に学校生活に密着するなど、部族の生活を体当たり取材。しかし、そこには半年の間に変貌を遂げていた村の現状が…。また、視聴者プレゼントとして告知していた“シピボ族の泥染め”を集めるべく、大奮闘する。

 一方、U字工事はテレビカメラ世界初潜入となるサンタマリア村に到着し、“ケチュア部族”との取材交渉に入る。この村は、外部からの侵入を拒んできた、ジャングル奥地の先住民の集落。2人は先住民に伝わる伝統の猟に同行したり、“秘薬“を求めてジャングルを探検したりと、今回も過酷すぎる旅に挑む。

 世界初の潜入取材による過激映像がこれでもかとばかりに続く。日本ではまったく想像できない、アマゾンのリアルな文化を4時間たっぷり一挙放送する。スタジオMCは、小峠英二バイきんぐ)、大石絵理。スタジオゲストは、生駒里奈伊集院光カズレーザーメイプル超合金)、Dream Ami棚橋弘至(新日本プロレス)(※50音順)



オリコントピックス