アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • おぎゆか、じゃんけん予選敗退で崩れ落ちる 同じユニット柏木由紀は「予想どおり」

おぎゆか、じゃんけん予選敗退で崩れ落ちる 同じユニット柏木由紀は「予想どおり」

 『第2回AKB48グループ ユニットじゃんけん大会』(9月23日、都内)の本戦出場をかけた予備戦2日目が11日、千葉・幕張メッセで行われ、前回覇者・荒巻美咲運上弘菜(ともにHKT48)の2人組ユニット「fairy w!nk」が今年も本戦に進出した。一方、柏木由紀(AKB48兼NGT48)が荻野由佳西潟茉莉奈(ともにNGT48)と結成した「西荻柏」は3人組ユニット予備戦初戦で敗退した。

【写真】その他の写真を見る


 過去に個人戦で行われていたじゃんけん大会では2度選抜入り(第3回11位、第5回15位)経験のある柏木は、2015年5月に行われた『第2回 AKB48グループドラフト会議』でNGT48の立ち上げメンバーとして指名した荻野由佳、西潟茉莉奈とともに3人組ユニット「西荻柏」を結成し、予備戦に臨んだ。

 初戦でNMB48井尻晏菜西澤瑠莉奈城恵理子からなる「残り物には福がある」と対戦。柏木はユニット結成時、「なんとなく予選で負けそうなメンバー笑」とツイートしていたが、その予感は的中。代表者の荻野がじゃんけんに負けて予選敗退となり、荻野はひざから崩れ落ち、西潟は頭を抱えた。

 「何があってもへこたれない」がキャッチフレーズの荻野だが、「最初のじゃんけんがあいこだったので、顔を見ていけそうだなって思っていたんですけど、負けてしまいました。私はいつも初戦敗退でしたので今年はいけるかなって思っていましたが、負けてしまい本当に申し訳ないです」とへこたれた。

 ユニット継続の可能性を聞かれた柏木は「解散です」と即答。荻野と西潟は「早い! 解散! 早い…」と落胆したが、柏木は「由佳ちゃんが負けてひざから崩れ落ちるところまでが想定内だったので、まさに思っていたとおりの流れでした」と満足げ。ツイッターでも「予想通りすぎて笑った」と報告した。

 過去のじゃんけん大会で3位(第3回)、7位(第6回)になったこともあるグループ総監督の横山由依は、AKB48の新エース・小栗有以と2人組ユニット「ゆいゆいはん」を結成。NMB48岩田桃夏安田桃寧の2人組ユニット「フレッシュピーチ’s」との対戦となり、代表者の小栗がパーで3度のあいこの末、グーで敗れた。

 小栗は「すみません。ゆいはん(横山)さんが、直感でやっていいよって言ってくださって、3回パーであいこだったんです。次に何出すか迷ったんですが、相手の顔を見たら、チョキの顔をしていたので、『これはグーだ!』と思って出したら、負けてしまいました」とがっくり。横山は「でも、あいこが続くほど、ゆいゆい(小栗)が気持ちでは負けていなかったと思うので、頑張ったと思います!」とフォローした。負けた直後に横山が「じゃんけん大会は負けちゃったけど、ゆいゆいはんとして活動しようね」となぐさめたことを受け、小栗は「一緒に旅ロケしたいです」とユニット継続に向けてノリノリだった。

 前回覇者で、ご褒美として昨年12月にシングル「天使はどこにいる?」でCDデビューした「fairy w!nk」は、前回6連勝で優勝をもぎとった荒巻が今年も代表でじゃんけんし、見事勝利。本戦進出を決めた。昨年から負け知らずの荒巻は「何を出すか考えていたんですが、最初はパーであいこだったので、また去年優勝した時と同じチョキで勝ててうれしかったです」とコメント。本戦も荒巻がじゃんけんするのかを聞かれ、荒巻は「昨年もその場のノリで決めたので、今回もその場で決めたいと思います」と答えたが、後輩の運上は「私は怖いので、お願いしたい気持ちはあります(笑)」と逃げ腰だった。



関連写真

  • じゃんけん大会予備戦初戦で敗退しひざから崩れ落ちたNGT48荻野由佳(C)AKS
  • 横山由依&小栗有以「ゆいゆいはん」は小栗がじゃんけんに負けて予備戦敗退(C)AKS
  • 横山由依&小栗有以「ゆいゆいはん」は小栗がじゃんけんに負けて予備戦敗退(C)AKS
  • 前回覇者の荒巻美咲(左)&運上弘菜(ともにHKT48)の2人組ユニット「fairy w!nk」は本戦進出決定(C)AKS
  • 前回覇者の荒巻美咲&運上弘菜(ともにHKT48)の2人組ユニット「fairy w!nk」は本戦進出決定(C)AKS
  • 前回覇者の荒巻美咲&運上弘菜(ともにHKT48)の2人組ユニット「fairy w!nk」は本戦進出決定(C)AKS
  • 前回覇者の荒巻美咲(左)&運上弘菜(ともにHKT48)の2人組ユニット「fairy w!nk」は本戦進出決定(C)AKS

オリコントピックス