• ホーム
  • 芸能
  • こじるり、一般人の“プロ化”に舌巻く「芸能人とのラインあやふや」

こじるり、一般人の“プロ化”に舌巻く「芸能人とのラインあやふや」

 タレントの小島瑠璃子(24)が4日、千葉・幕張メッセで開催された『モテワンコンテスト2018〜ここから、始まる。〜』にゲスト出演した。出番後には報道陣の取材に応じ、「若い方のエネルギーを感じました。私ももう20代中盤になったってことですね…」と笑っていた。

 ネットとリアルを融合させた同コンテストは、時代を代表するインフルエンサーを多数迎え、各業界のスター発掘が目的。3回目となる今回は「お笑い」「ヒューマンビートボックス」「モテ男女」「カラオケ」「バズコン」の5部門でNo.1を決定した。

 取材前には、「神キュンコンテスト」グランプリ・佐藤聖也さん、林甫希珂さんとの3ショット撮影にも応じた。美男美女の2人は、ステージ上で堂々とパフォーマンスを披露していたことから、小島は「自分のできる精一杯を表現してた。一般の方が大勢の観客の前で緊張せずに自己アピールしていてすごい」とべた褒めした。

 また、「ファッションセンス、度胸、機転がすごい。最近、一般の方と芸能人のラインがあやふやになってきてると感じています。皆さんすごいですよね」。SNSなどが発達し、一般人の“プロ化”に舌を巻いていた。



オリコントピックス