• ホーム
  • 芸能
  • A.B.C-Z、“初代ジャニーズ”あおい輝彦との対面に感激「ここでまた“伝説”が生まれた」

A.B.C-Z、“初代ジャニーズ”あおい輝彦との対面に感激「ここでまた“伝説”が生まれた」

 人気グループ・A.B.C-Z橋本良亮戸塚祥太河合郁人五関晃一塚田僚一)が3日、都内で行われた舞台『ジャニーズ伝説2018』(10月7日〜29日・日生劇場)製作発表に出席した。初代ジャニーズの奮闘と歴史を描いた同作だが、会見にはその初代ジャニーズに所属していた本人・あおい輝彦がサプライズ登壇。初代ジャニーズと現役ジャニーズの夢の共演が実現し、あおいは「感動をお客様に伝えてくれるA.B.C-Zへ真心とともに精一杯のエールを送りたいと思います。フォーエバージャニーズ!」と激励した。

【写真】その他の写真を見る


 これまで2013年の初演から14、17年と再演されてきた同舞台に映像や音声で出演してきたあおいだが、メンバーと対面するのはこれが初めて。突然場内が暗くなり「Never My Love」が流れるなか、あおいが花束を持って現れると、5人は思わず立ち上がって騒然。戸塚は感極まって自らハグを求め、河合は「ジャニーズのタレントさんもこうやってしゃべって写真を撮っていただくことはないと思うので、ここでまた“伝説”が生まれた」と喜んだ。

 劇中であおいを演じる橋本は「毎日プレッシャーはありますが、映像だけでなく2018年は一緒に歌ってみたい」と希望していたこともあり、本人から「できれば毎日一緒に歌いたいね」と声をかけられ大感激。塚田は「初代のあの…あおいさんと…本当にうれしいです…。なんかもう言葉に表せません。気が引き締まりました」と興奮を抑え切れないようだった。

 同舞台を以前も客席から見守っていたというあおいは「歌にしても踊りにしても芝居にしても、若さにまかせてがむしゃらにというのではなく、姿勢というものがすごく好感が持てる。奥にあるものがきれいなんだと思う。それが初代ジャニーズを演じるのに不可欠」と太鼓判。「なにかの偶然でA.B.C-Zが生まれて、なにかの偶然で初代ジャニーズを演じてくれている。今回の『ジャニーズ伝説』はもっとすごい偶然が起きることを期待してます」と背中を押した。

 大先輩からのありがたい一言に五関は「登場されてから鳥肌が立ちっぱなし」と笑みがこぼれ、報道陣から涙を突っ込まれた戸塚は「そうでしたっけ?三歩歩いたら忘れちゃうんで」と、とぼけながら「ジャニーさんとスタートダッシュを切った方ですから。ジャニーズの方々はすごい感慨深いものがあると思いますし、それをステージでできるからA.B.C-Zって幸せだと噛み締めてます」と胸を張った。

 一方、ジャニーズタレントのモノマネを得意とする河合だが、あおいのモノマネには「せっかくこうやってサプライズで来ていただいたので、期間中に習得したいと思います」とやる気に。メンバーから「今はできないの?」とリクエストされるも、「もうちょっと動いたところがみたい。歌はまねできないので、動いたりしゃべったりを習得して、ストーリーのなかでできたら面白いですよね」と構想を膨らませていた。



関連写真

  • (左から)五関晃一、河合郁人、橋本良亮、あおい輝彦、戸塚祥太、塚田僚一 (C)ORICON NewS inc.
  • A.B.C-Z(左から)戸塚祥太、塚田僚一 (C)ORICON NewS inc.
  • A.B.C-Z(左から)五関晃一、河合郁人、橋本良亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ジャニーズ伝説2018』の製作発表に出席したあおい輝彦 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『ジャニーズ伝説2018』ホ?スター

オリコントピックス