• ホーム
  • 映画
  • 『ノーマーク爆牌党』が実写映画化 ノンスタ石田が“天才雀士”に

『ノーマーク爆牌党』が実写映画化 ノンスタ石田が“天才雀士”に

 『ぎゅわんぶらあ自己中心派』『スーパーヅガン』で知られる片山まさゆき氏の漫画『ノーマーク爆牌党』が実写映画化(今秋公開)されることが27日、わかった。劇中最強の雀士・爆岡弾十郎(ばくおか・だんじゅうろう)をNON STYLE石田明、堅い打ち筋で麻雀を打つ鉄壁保(てっぺき・たもつ)を矢本悠馬が演じ、W主演を務める。

【写真】その他の写真を見る


 数多くの麻雀漫画が映像化され、先日にはプロ麻雀リーグ『Mリーグ』の発足が発表さるなど、空前の麻雀ブームが到来している。同作では、「爆牌」を武器とし絶対王者に君臨する天才雀士・爆岡弾十郎(石田)に、徹底した守備力「爆守備」を武器とする平凡な雀士・鉄壁保(矢本)が挑む姿を描く。

 劇中“最強キャラクター”という大役に挑む石田は「麻雀最強の役柄ですが僕は、どちらかと言うと、生き方も麻雀の打ち方もライバルの鉄壁保タイプ…」と漏らしつつ「爆岡を演じるには、少し背伸びをしないとと思いました」。麻雀好きの父親も出演を喜んでいるようで「しっかり麻雀の腕を磨いて臨みたいと思います」と気合十分に意気込んだ。

 一方で、麻雀初心者の矢本は「麻雀のルールや専門用語、そして演じるには欠かせない牌の手つきでいっぱいいっぱいで不安が大きいです」と本音をポツリ。それでも自身がこの役を全うすることで「人生の壁にぶつかってる方へ、何かきっかけを掴んで頂ければ」と熱い想いを胸に秘めているようだ。

 原作者の片山氏は「いつか実写化されないかなと、ずっと思い続けていた作品ですごくうれしいです」と感無量のコメントを寄せ「なんといっても爆牌! 爆牌の煙がどんな感じになるか楽しみ。派手にしてほしいな。キャラクターも賑やかなのでそれぞれ役者さんどなたが演じていただけるのかワクワク」と期待感を膨らませている。



関連写真

  • 天才雀士を演じる石田明
  • 石田明とW主演を務める矢本悠馬
  • 原作者の片山まさゆき氏

オリコントピックス