• ホーム
  • 芸能
  • A.B.C-Z橋本&河合、異色のWキャスト挑戦 共演の山下リオ“キスシーン”で発見「扱い方が真逆」

A.B.C-Z橋本&河合、異色のWキャスト挑戦 共演の山下リオ“キスシーン”で発見「扱い方が真逆」

 人気グループ・A.B.C-Z橋本良亮河合郁人が10日、都内で行われた舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加。2016年に初演時に語っていた「互いの役に挑んでみたい」という2人の願望が実現し、今回は公演日によって、橋本が演じる主人公のハシ役と河合が演じるキク役が入れ替わる異色のダブルキャストで上演。2人の演じ方の違いについて、共演者の山下リオが“キスシーン”を例に説明した。

【写真】その他の写真を見る


 キクと出会う不思議な少女・アネモネ役の山下は、キスシーンについて聞かれると「すごく違うと思います。女の子の扱い方が真逆ですね」と笑顔で断言。報道陣から「どのように違いますか?」との質問が飛び、河合が「えっ、今聞くの?」と動揺する中、山下は「そこはちょっと、劇場で確認してください」と茶目っ気たっぷりにアピールした。

 橋本は、今回の挑戦をグループとしての成長に結びつけたいといい「今回のお芝居がうまくいったとしたら、そこから『A.B.C-Zすごいな』っていうことにもつながってくると思うので、『2人がすごいんじゃない、A.B.C-Zがすごいんだ』を目的にやっていきたいです」と気合十分。河合も「(交互にやることで)2年前にやっていた役をやる時も感情が違うので、また新しいものをお見せできると思います」と呼びかけていた。

 同舞台は、1980年に発表された村上龍氏の傑作小説が原作。コインロッカーに置き去りにされた主人公であるキクとハシの魂の叫びをエネルギッシュに描いた、激しくもせつない物語となっている。

 フォトコールにはそのほか、シルビア・グラブROLLYらが参加。同作は、あす11日から29日まで、東京・TBS赤坂ACTシアターにて上演される。



関連写真

  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加した(左から)河合郁人、橋本良亮、山下リオ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加した(左から)シルビア・グラブ、河合郁人、橋本良亮、山下リオ、ROLLY (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加した(左から)河合郁人、橋本良亮 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加したシルビア・グラブ (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『コインロッカー・ベイビーズ』フォトコールに参加したROLLY (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス