• ホーム
  • 芸能
  • 【上半期TV出演本数】ブレイク1位は村上佳菜子 話題の芸人&ぶっちゃけタレントも上位に

【上半期TV出演本数】ブレイク1位は村上佳菜子 話題の芸人&ぶっちゃけタレントも上位に

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2018上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表。昨年上半期と比較して出演番組が増加した「2018上半期ブレイクタレント」部門で、プロスケーターの村上佳菜子が昨年同期比119本増で1位を獲得した。

 村上の前年同期の出演は5本だったが、昨年4月に現役引退後、バラエティーに進出。同10月から日本テレビ系『メレンゲの気持ち』のMCに抜てきされ、数多くのバラエティーに引っ張りだこの人気となっている。

 同部門の2位は、前期のNHK連続テレビ小説『わろてんか』ヒロインの女優・葵わかな【104本増】。朝ドラ終了直後にTBS系ドラマ『ブラックペアン』に続けて出演し、その宣伝で多数のバラエティーにも出演した。3位はお笑いコンビのガンバレルーヤ【97本増】。例年このランキングには前年のお笑いグランプリでブレイクした芸人が入るが、そういった目立った実績がないガンバレルーヤは、地道な努力でTOP3に名を連ねた。

 そのほか、4位はテレビ東京系の夕方帯番組『青春高校3年C組』サブMCを務めるNGT48の中井りか【78本増】、5位にはおバカキャラでブレイク中の元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈【69本増】、6位はアイドルが次々とまねをして若年層に一気に浸透したお笑い芸人のひょっこりはん【68本】、9位には自由すぎるキャラでじわじわと人気を広げるタレントの長嶋一茂【61本増】が続いている。

調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2018年1月1日〜6月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサー、通販番組出演者、再放送番組、ナレーション出演は対象外
■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門1位 村上佳菜子 (C)ORICON NewS inc.
  • 2位 葵わかな (C)ORICON NewS inc.
  • 3位 ガンバレルーヤ (C)ORICON NewS inc.
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門4位 中井りか(NGT48)(C)AKS
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門5位 丸山桂里奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門6位 ひょっこりはん (C)ORICON NewS inc.
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門7位 ノブナガ (C)ORICON NewS inc.
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門7位 野性爆弾 (C)ORICON NewS inc.
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門9位 長嶋一茂
  • 「2018上半期ブレイクタレント」部門10位 広瀬アリス (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス