アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • フジ新人アナ4人、『ダウンタウンなう』で全国放送デビュー

フジ新人アナ4人、『ダウンタウンなう』で全国放送デビュー

 フジテレビ新人アナウンサーの今湊敬樹(いまみなと・けいじゅ)、大川立樹(おおかわ・りき)、井上清華(いのうえ・せいか)、杉原千尋(すぎはら・ちひろ)が13日放送の同局系バラエティー『ダウンタウンなう』(毎週金曜 後9:55)で、全国放送デビューを飾ることがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 今年4月に入社したばかりの4人にとっては、この番組が緊張感あふれるテレビ初出演。収録前から自己紹介の練習を何度も繰り返し、いざダウンタウン、坂上忍小島瑠璃子が店内に到着すると、その緊張もピークに。松本も思わず「緊張感が伝わってくるなぁ」とこぼし、トークがスタートした。

 引率役の牧原俊幸アナウンサーが温かく見守るなか、井上はバレエで鍛えた体の柔らかさを生かして自己紹介を披露。しかし緊張でいきなり言い間違えると、浜田から「しっかりせえよ!」とツッコミの洗礼を受けた。

 その後も杉原は、オペラ風自己紹介に挑戦し、理系男子・今湊は、真面目過ぎる卒業論文のタイトルを披露。イケメン体育会系の大川は、フレッシュに投球フォームで意気込みを表現するなど、個性あふれる自己アピールで大御所たちに自らを売り込んでいた。

■以下、新人アナ4人の収録後コメント。

井上清華
「未熟な私たちと距離も気持ちもこんなに近くでお話していただけたことがすごくうれしかったです。もっとあそこでああ言えばよかったとか、こんなエピソードもあったのに出せなかったとか反省点はあります。限られた時間でいかに相手にフィットする答えをすぐに出せるかが大切なんだなと思いました。最初の番組でこんなに大御所の方とこんなに近くでお話しできて、いい思い出になりました。」

杉原千尋
「浜田さんの一番近い位置に座らせていただいて、何回もツッコんで頂いたのですが、ツッコまれている時はうれしさが増してアドレナリンが出ていたのか、痛いとか全くなくて。終わった後の浜田さんの『ごめんね』っていう一言に、ほれちゃいそうでした。」

大川立樹
「テレビで見ているダウンタウンさん、坂上さんだったので、間近で一緒にお仕事させていただけてうれしかったです。小島さんが、隣で小声で『大丈夫?』とか『面白いね』とか話しかけて下さって。少し緊張が解けた部分もありました。」

今湊敬樹
「坂上さんの隣に座らせて頂いたのですが『どういうこと?』とか話のブリッジを作って下さって。僕たちが話しやすくして下さったのがとても勉強になりました。緊張していたのが小島さんにもバレていて『硬いね』と言われてしまったのですが、ダウンタウンさんの前で一発ギャグができて、小島さんが笑って下さって救われました。もっと面白く、レパートリーも増やしていきたいと思います。」



関連写真

  • フジテレビの新人アナたちが『ダウンタウンなう』で全国放送デビュー(C)フジテレビ
  • フジテレビの新人アナたちが『ダウンタウンなう』で全国放送デビュー(C)フジテレビ
  • フジテレビの新人アナたちが『ダウンタウンなう』で全国放送デビュー(C)フジテレビ
  • 定年退職を控え、最後のテレビ収録を終えた牧原俊幸アナ(中央)(C)フジテレビ

オリコントピックス