アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【上半期TV出演本数】国分太一、2年ぶり1位返り咲き 朝帯司会者が上位独占

【上半期TV出演本数】国分太一、2年ぶり1位返り咲き 朝帯司会者が上位独占

 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは6日、『2018上半期テレビ番組出演(延べ)本数ランキング』を発表。人気グループTOKIOの国分太一が、362本で2016年以来2年ぶりに同期1位に返り咲いた。2位は昨年同期1位のバナナマンの設楽統【312本】、3位は昨年同期と同じくハリセンボンの近藤春菜【262本】が続き、朝の帯番組司会者が引き続き上位を独占した。

 国分(TBS系『ビビット』)、設楽(フジテレビ系『ノンストップ!』)、近藤(日本テレビ系『スッキリ』)のTOP3のほかにも、4位が博多華丸・大吉の大吉【255本】(NHK『あさイチ』)、5位が坂上忍【252本】(フジテレビ系『バイキング』)と、TOP5はすべて帯番組の司会者となった。近藤は「女性タレント部門」で3年連続同期1位にも輝いている。

 1位の国分は14年から17年まで「年間番組出演本数ランキング」で4連覇を達成中。『ビビット』メインMCのほかソロレギュラーの『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ系)、『男子ごはん』(テレビ東京系)、さらに『ザ!鉄腕!DASH!』(日本テレビ系)『TOKIOカケル』(フジテレビ系)などTOKIOとしての出演も多数で、5連覇への視界は良好だ。

 国分に次いで4年連続年間2位の設楽は、7年目に突入した『ノンストップ!』で朝のMCの顔が定着してきたが、相方・日村勇紀と出演した番組は170本と過半数を超えており、ゴールデン帯から深夜まで幅広いジャンルで活躍している。4位の博多大吉は、4月から『あさイチ』MCに抜てきされ、前年同期の16位から大きく上昇。下半期に向けても期待が高まる。

 帯番組司会以外では、6位のくりぃむしちゅーの上田晋也が最上位【246本】。そのほか7位にメイプル超合金のカズレーザー(237本)、11位にオードリーの若林正恭(220本)、12位にバイきんぐの小峠英二(215本)、15位にオードリーの春日俊彰(211本)など人気芸人が名を連ねている。


調査項目:タレント番組出演本数(出演番組の放送回数分をカウント)
調査期間:2018年1月1日〜6月30日
調査対象局:NHK総合/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(東京地区地上波オンエア分)
・グループ出演と個人出演の合算にて集計
・アナウンサー、通販番組出演者、再放送番組、ナレーション出演は対象外
■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 2018年上半期のテレビ出演本数ランキング1位はTBS『ビビット』のMCを務めるTOKIO・国分太一(C)ORICON NewS inc.
  • 2018年上半期のテレビ出演本数ランキング2位 バナナマン・設楽統 (C)ORICON NewS inc.
  • 2018年上半期のテレビ出演本数ランキング3位 ハリセンボン・近藤春菜 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス