• ホーム
  • 芸能
  • 桂歌丸さん、最期に見せた弱音 弟子の桂歌春が告白「とてもつらかった」

桂歌丸さん、最期に見せた弱音 弟子の桂歌春が告白「とてもつらかった」

落語家の桂歌丸(かつら・うたまる、本名:椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなったことを受け、歌丸さんが生前に会長を務めていた落語芸術協会の会長代行・三遊亭小遊三、歌丸さんから『笑点』の司会を引き継いだ春風亭昇太、弟弟子の桂米助、総領弟子の桂歌春が3日、都内で会見を行った。亡くなる2ヶ月近く前まで高座に上がり、噺家としての生涯を全うしてきた歌丸さんの最期の様子をそれぞれの立場から語った。

小遊三は「ご家族と一部の方が(看取って)残念ながら、私はできませんでした。最期に会った時は6...

この記事の画像

  • 桂歌丸さんを偲んだ桂歌春 (C)ORICON NewS inc.
  • 桂歌丸さんを偲んだ(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春 (C)ORICON NewS inc.
  • 桂歌丸さんを偲んだ(左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三、桂米助、桂歌春 (C)ORICON NewS inc.
  • 三遊亭小遊三 (C)ORICON NewS inc.
  • 桂米助 (C)ORICON NewS inc.
  • 春風亭昇太 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)春風亭昇太、三遊亭小遊三 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス