アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『Amazon Fire TV』に『FOD』『クックパッドTV』など拡充

『Amazon Fire TV』に『FOD』『クックパッドTV』など拡充

 アマゾンジャパンは28日、都内で『Amazon Fire TV シリーズ』向けコンテンツ事業戦略説明会を開催。メディア・ストリーミングデバイス『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』において、7月1日より『FODプレミアム』、『cookpad TV』、オンライン・クレーンゲーム『トレバ』、オンライン麻雀ゲーム『Maru-Jan』などを拡充することを発表した。

【写真】その他の写真を見る


 FODはフジテレビが運営する国内動画コンテンツ。フジテレビの地上波番組やオリジナルドラマ、バラエティーも充実しておりすでに約3万本のビデオを独占的に配信、100誌以上の雑誌が追加読み放題という強みから若年女性層から圧倒的な支持を受けている。今回の配信にあわせ、アプリから直接登録できるアプリ内課金とウェブサイトではアマゾンペイを導入したことで、Fire TV上もサイト上でもサービス登録からログインが容易に行えるようになっている。

 日本最大級のレシピ決定プラットフォーム『cookpad TV』によるレシピ動画サービス『cookpad TV』は、これまでスマホ・タブレット配信だったものが今回初めてストリーミング・デバイスに対応することで新たなファン獲得を見越しており、これにより『Fire TV』はライフスタイル系カテゴリ強化と主婦層へのアプローチを目指す。人気コンテンツのアーカイブ配信スタート。今後はライブ配信にも対応していく。

 そしてサイバーステップが運営する『トレバ』はパソコンやスマホからクレーンゲームが楽しめる世界初サービス。獲得した商品は実際に自宅に配送されるというシステムで、『Fire TV』参加によってこれがリビングルームで家族みんなで楽しめるコンテンツとなり画期的なショッピング・エンターテイメントとして期待される。こちらもストリーミング・デバイスに初対応。

 サービス開始から14年、会員数100万人の老舗麻雀アプリ、シグナルトークの『Maru-Jan』。こちらもストリーミング・デバイスに初対応。ソーシャルゲームには珍しく中心は50、60代ユーザーで和の高級感やデザインリアルなグラフィックが特長。これによりシニア層の開拓を狙う。

 現在、『Fire TV』はNetflixやAbema、U-NEXT、DAZNなど動画配信サービスやゲームを自宅のテレビで楽しむデバイスとして出荷台数も右肩上がりと好調。今回はこれに加え、それぞれ若年層女性や主婦層、家族向け、シニアとさまざまな層から支持を集める4つのコンテンツを充実させることで、さらなる需要拡大を目指す。



関連写真

  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.wS inc.
  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Amazon Fire TV/Fire TV Stick』コンテンツ事業戦略説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス