アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 芦田愛菜、14歳の目標は「友達との思い出をもっと」 川栄&しょこたん感心

芦田愛菜、14歳の目標は「友達との思い出をもっと」 川栄&しょこたん感心

 女優の芦田愛菜(13)が22日、都内で行われた劇場版『ポケットモンスターみんなの物語』公開アフレコイベントに出席した。あす23日に14歳の誕生日を迎える芦田は「今すごく学校が楽しくて、お友達と他愛ないお話をしているだけで笑いが耐えなくて、特別なことをしなくても一緒にいるだけで楽しい。そういうお友達との思い出をもっとたくさん作っていける1年になればいいな」と思い描いていた。

【写真】その他の写真を見る


 相変わらずのしっかり者ぶりをみせた芦田に川栄は「発言、一言一言が大人でしっかりしていて本当に14歳かな。20代後半の喋り口調だからかっこいいな」と尊敬の眼差しを向けると、中川も「お仕事もバリバリされてるのに、プライベートでもちゃんと友達がいて充実してる。前世の行いがいい。すごくクレバーなので敬語で接したい」と同調。中川は「自分を思い返すと呪いのノートに絵を書いて燃やしたり穴をほったり一人でいたので…まぶしくて友達を作る方法を知りたいです」と憧れていた。

 人気シリーズの劇場版第21作となる今回、ゲスト声優を務める芦田は幻のポケモン・ゼオゼラと関わりの深そうな謎の少女・ラルゴ、野沢はポケモンを嫌う変わり者おばあさん・ヒスイ、劇場版12年連続出演歴を持つ中川はリサの弟・リクを演じた。川栄はポケモン初心者の女子高生・リサを演じ、「JK役ってことで結構テンション高かったり、明るい口調だったり、普段暗いので声で出すってすごい難しかった」と苦労も語った。

 一方で野沢から「お世辞抜きにうまい! 3人!みなさんいいですよ、上手です」と太鼓判を推されると中川は「ただちに人間国宝に…!」と大感激。「こんな大ベテランでいらっしゃるのに今もオーデションを受けられたりとアグレッシブに大活躍し続ける。世界中で野沢さんの声をまっている(人がいる)、こんなに日本人いません。日本の宝です。本当にかっこいい大先輩です」と早口で興奮する中川の勢いに押され気味の川栄は、喜びつつも「今、中川さんが言ってくれました」と苦笑。芦田は「野沢さんにそういっていただけるなんて本当にうれしいです」と笑顔を弾けさせていた。



関連写真

  • 芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開アフレコに臨んだ(左から)中川翔子、川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開アフレコに臨んだ芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 公開アフレコに臨んだ野沢雅子 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『ポケットモンスターみんなの物語』公開アフレコイベントの模様 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)中川翔子、川栄李奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 野沢雅子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス