• ホーム
  • 芸能
  • 知英、初の映画主題歌に感慨「今までとは違って役になって歌えた」

知英、初の映画主題歌に感慨「今までとは違って役になって歌えた」

 女優で歌手の知英が18日、都内で行われた映画『私の人生なのに』(7月14日公開)完成披露上映会の舞台あいさつに出席。同作で新体操や車いすでの演技、本業でもある歌にも挑戦した。知英は「やることがたくさんでプレッシャーだった。また映画主題歌を歌うのは初めてなので、今までとは違って役になって歌えた」と充実感を語った。

【写真】その他の写真を見る


 また、同作の中で知英の幼なじみとして共演した俳優の稲葉友は映画音楽の作曲も担当。ギターを弾いたり監督とも何回もやり取りをして作曲に参加したという。稲葉は「最後のエンドロールの作曲のところに名前があって、本当にうれしかった。感慨深い」としみじみ。

 また、MCから、かけがえのないものは何かという質問に対して、同作の監督である原桂之介氏は「観てくださる方がいないとやっていけないので、作品を観てくださる方」と回答。先に良いことを言われたと知英と稲葉が嘆いていると、知英は「猫って言おうとした」と告白。「猫を飼っていて癒されます」と答えるもすかさず、「(会場の)みなさんも」とフォローして沸かせた。

 同作は、金城瑞穂役の知英がオリンピック候補の新体操スター選手でありながら、脊髄梗塞で倒れ半身不随となり絶望する中、数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみ柏原淳之介役の稲葉友と再会する。そのことで音楽とふれ合い、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら、人生がふたたび動き出していく青春サクセスストーリー。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 知英 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)原桂之介監督、知英、稲葉友 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『私の人生なのに』完成披露上映会の舞台あいさつに出席した稲葉友 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス