アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • NGT48中井りか、『文春砲』半同せい報道を生釈明「罪悪感のかたまり」

NGT48中井りか、『文春砲』半同せい報道を生釈明「罪悪感のかたまり」

 アイドルグループ・NGT48中井りか(20)が18日、レギュラー出演するテレビ東京系『青春高校3年C組』(月〜金 後5:30〜5:55※関東ローカル)に生出演。16日の『第10回AKB48世界選抜総選挙』当日、インターネット生放送『文春砲Live』で男性ファンとの半同せいが報じられたことを受け、番組内で経緯を説明し「罪悪感のかたまり」と心境を語った。

 この日は新企画が始まる予定だったが予定を変更し、“副担任”として出演する中井ともに「緊急職員会議」と題して騒動の経緯を振り返った。中井は14日早朝に雑誌記者4人に囲まれ「カメラを持った男の人たちに突撃取材されて『こういう事実はあったんですか』と確認された」と回顧すると、「取材されたということを関係者に報告した。早い段階でめちゃめちゃ怒られました」と告白。

 先週の放送では番組出演者たちが総選挙を控えた中井に千羽鶴を折って激励したが、当時中井は総選挙当日にスキャンダルが報じられると知っていて鶴を受け取ったことになる。このことを突っ込まれると「一生懸命になってやってくれてるのを見ていたし、罪悪感のかたまりだった。当日こんなことになっちゃうのにって…」とがっくり肩を落とし、反省の表情だった。 

 その後、メイプル超合金カズレーザーから、総選挙で投票してくれたファンへ「返金するの?」と追及されると思わず沈黙。それでも、「今一番大切なものは」と出演者の生徒から問われると「今も昔もこれからも変わらずファンの方。いま口で言っても薄っぺらく感じるかもですが。(報道された)次の日の握手会にも変わらず会いに来てくれた」と語った。

 番組エンディングでは改めて「応援してくださるファンの皆さんが一番大事ですし、48グループのみんなは頑張っているので、イメージ悪くならないでもらえたら」と呼びかけた中井。最後には騒動の禊(みそぎ)として、中井が副担任から生徒に「降格」されることが発表された。

 16日の『文春砲Live』では、中井が「イケメンファンと熱愛半同せい」と報道。相手はイケメンファンとして知られるA氏で「業界では有名なファン」と素性を伝えた。中井本人も総選挙37位にランクインした直後のスピーチで「やっちまいました。木曜日の朝に4名の記者の方に囲まれて、直撃取材を受けまして。いわゆる文春砲なんですけど」と告白していた。

 きのう17日にはNGT48劇場支配人の今村悦朗氏がグループ公式ブログで「48グループの一員としての自覚を持って行動するよう、強く反省を促して参ります」と謝罪した。



オリコントピックス