• ホーム
  • 音楽
  • AKB48グループ現状への危機感と葛藤 松井珠理奈、横山由依ら語る

AKB48グループ現状への危機感と葛藤 松井珠理奈、横山由依ら語る

■『第10回AKB48世界選抜総選挙』開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)
 人気アイドルグループ・AKB48の53rdシングル(タイトル未定・9月19発売)を歌う選抜メンバーをファン投票で決める『第10回AKB48世界選抜総選挙』がナゴヤドームで開催された。総得票数383万6652票が投じられ、地元SKE48松井珠理奈(19万4453万票)が“新女王”に君臨した。

 歴代女王・前田敦子(第1・3回)、大島優子(第2・4回)、指原莉乃(第5・7・8・9回)、渡辺麻友(第6回)が不在となり、「誰が1位になっても初の女王」という第1回以来の波乱必至の総選挙。順位が発表されるたびに会場が沸き、メンバーたちは喜び、時には悔しさを交えたスピーチを繰り広げた。

 その中で、上位にランクインしたメンバーがAKB48グループの現状に対し“危機感”や“葛藤”をあらわにする一幕も。乃木坂46、欅坂46らが勢いを加速させる一方で、総監督として大所帯を牽引するAKB48の横山由依(6位)は「AKB48は勢いがないと言われてしまうことが最近あって、その時に私たちの世代の頑張りが足りないせいで、先輩たちが作ってくださったこのグループをそんなふうに思わせてしまうのが申し訳なくて、悔しい気持ちでいっぱいだなと思っていたんです」と本音を吐露した。

 昨年6位から2位へと大躍進したSKE48須田亜香里も「世間の皆さんは、私たちが思っている以上に48グループに興味がない。こんなにも皆さんが熱く応援してくれるのに、こんな私でも見てくれる心の清い人がいるのに、なんで伝わらないんだろうってもどかしかったです」。それでもすぐに前を向き「今こそメンバー、一人ひとりが武器、自分自身の個性を出して、48グループの旗を掲げて戦っていくときだと思います」と、真剣な眼差しで訴えかけた。

 悲願を達成した松井も「これで一旦、総選挙の戦いは終わります。でも、まだ私たちが戦わないといけないところはあります」と表情を緩めず。「私は本気でAKB48グループを1位にしないと気がすまないです」と感情むき出しで闘志を燃やすと「こんなに頼もしい後輩がいてくれる、こんなにあったかいファンがいてくれる。だからみんなが信じ合えば、また48グループは、アイドル界のトップになれます。なりたいじゃダメ、なるんです!」と決意表明し、ファン3万人から万雷の拍手を浴びた。

 海外姉妹グループも初参戦した一大イベントは、第10回の節目を迎えた。ファンの熱気や愛を肌で感じた横山は「こうしてここに来てくださっているみなさんが、熱狂的に48グループを応援してくださっていることが私たちメンバー全員の誇りです」と胸を張り、「これからも大変なことはいっぱいあるけど、AKB48が本当に大好き。皆さんにもっと愛してもらえるように頑張ります」と誓っていた。



関連写真

  • 『第10回AKB48世界選抜総選挙』選抜メンバー 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.
  • 『第10回AKB48世界選抜総選挙』女王に輝いたSKE48・松井珠理奈 撮影:estudio pepe 神田有希(C)oricon ME inc.

オリコントピックス