• ホーム
  • 芸能
  • 『ONE PIECE』表現でジャンプ「編集部、作者共々反省」

『ONE PIECE』表現でジャンプ「編集部、作者共々反省」

 6月4日に発売された人気漫画『ONE PIECE』89巻の表紙カバーに掲載された作者・尾田栄一郎氏のコメントとイラストが物議を呼んでいる問題について、週刊少年ジャンプ編集部は14日、公式サイトで「配慮を欠いた表現がありました」とコメントを掲載した。

 尾田氏は、89巻の作者コメント欄で「みんなでごはんを食べる時 最後に一つ大皿にぽつんと残ってるからあげとかあるよね。あいつに名前をつける事にしました。横井軍曹と。」などの表現で、太平洋戦争終戦を知らないまま、28年目の1972年、米領グアム島で発見された残留日本兵・横井庄一さんに例えて「横井軍曹」と呼んでいるとするエピソードを紹介していた。

 これが故人である横井さんを揶揄していると一部の読者から批判する声があがっており、この日公式サイトでは「6月4日に発売したコミックス『ONE PIECE』89巻の作者コメント欄において、配慮を欠いた表現がありました。編集部、作者共々反省しております。今後は、より一層表現に留意して参ります」と伝えた。



オリコントピックス