• ホーム
  • 芸能
  • 小関裕太、玉城ティナからの“あ〜ん”に照れ笑い「特別な味がします」

小関裕太、玉城ティナからの“あ〜ん”に照れ笑い「特別な味がします」

 モデルで女優の玉城ティナ(20)、俳優の小関裕太(22)が5日、都内で行われた映画『わたしに××しなさい!』(23日公開)の完成披露試写会に出席した。

 同作は、『なかよし』(講談社)で連載された遠山えま氏の漫画が原作。ケータイ小説家・雪菜(玉城)が、学年一のモテ男・時雨(小関)の弱みを握り、「わたしに××しなさい!」と恋のミッションを課していく。この日は、共演の佐藤寛太(21)、金子大地(21)、山本透監督(49)も登壇した。

 壇上では、タイトルにちなんで「私にウィンクしなさい」(小関)、「私に感想を教えなさい」(玉城)、「私に秘密を暴露しなさい」(佐藤)との観客に向けてのミッションが発動された。ミッションは特製うちわにそれぞれが書いて発表という流れだったが、なぜか金子は小さい文字で映画のPRと玉城の見どころなどをびっしりと書いており、金子の奇行に会場全体が引いていると、佐藤は「これを書く時に大地は『男だからシンプルに』と言っていたのに、まさかこんなに書いているとは…」とタジタジ。周囲の微妙な空気に金子は「やらかした」と肩を落としていた。

 その後、8日に23回目の誕生日を迎える小関に、サプライズで“××”をあしらった特製バースデーケーキが登場。「うれしい! こういうサプライズって今までないので戸惑っています」と照れ笑いした小関は、「今年1年、映画に携わるのもそうだし、いろいろな角度から作れるような人になりたい。1秒1秒作っていけたら」と23歳の抱負を述べた。

 そんな小関に祝福の意味を込めて、玉城が「あ〜ん」をすることに。会場に詰め掛けた小関ファンに「怒られちゃう」と手を合わせると、すかさず小関は「私に食べさせなさい!」と映画とは逆転のミッションを発動。玉城からイチゴを食べさせてもらい、「照れちゃう。でも特別な味がした」とうれしそうにモグモグ。

 さらに、佐藤も誕生日が近いということで、テレビ朝日系連続ドラマ『おっさんずラブ』で注目された金子がなぜか「あ〜ん」役に抜てき。意気揚々とケーキを取り分けて佐藤の口に思い切り詰め込んだ金子は「かわいい、かわいい、かわいい」と胸キュンで、佐藤も「おいしっ!」と相思相愛。小関からは「イチャイチャしやがって!」とツッコまれていた。



オリコントピックス