• ホーム
  • 芸能
  • 菅野美穂、10年ぶりバラエティーMC 宮川大輔とコンビで“人間NG危険地帯”紹介

菅野美穂、10年ぶりバラエティーMC 宮川大輔とコンビで“人間NG危険地帯”紹介

 女優の菅野美穂が、13日放送のTBS系『立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG』(後8:00〜9:57)で、約10年ぶりにバラエティーのMCを務めることが5日、明らかになった。宮川大輔とコンビを組み、世界中の立入禁止な危険地帯の先を紹介する。

 同番組は、危険すぎて立入禁止になっている場所に最新テクノロジーの力を借りて潜入し、その奥がどうなっているのかを探検する冒険バラエティー。第1弾が昨年12月の深夜に放送され、好評を受けて第2弾&ゴールデン進出となった。

 今回取材したのは、ルーマニアの“汚染村”ジャマナとバヌアツ共和国のマルム火山。史上最悪の環境汚染があった地域の一つであるジャマナには、日本のテレビ史上初の潜入取材を敢行。独裁者・チャウシェスクが行ったある強引な政策が原因で環境汚染が発生し、数多くの人々が苦しんだこの村。常に政府の役人を帯同しながらの厳戒態勢でのロケの中、スタッフが見たのは、かつて村が存在していたとは思えない危険&劣悪な光景だった。

 また、約100年前の噴火で島の半分に深刻なダメージを与えたマルム火山では、マグマの撮影に挑戦。立入禁止な場所にキャンプを張り待つこと1週間。今回の企画のために特別に用意されたドローンカメラがとらえた衝撃映像とは。

 パネラーとして黒川智花坂下千里子ハライチが出演。



関連写真

  • 『立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG』でMCを務める菅野美穂、宮川大輔 (C)TBS
  • 『立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG』は6月13日放送 (C)TBS

オリコントピックス