• ホーム
  • 芸能
  • 仮面ライダーアクセル・木ノ本嶺浩『ビッグコミックスピリッツ』にインタビュー掲載

仮面ライダーアクセル・木ノ本嶺浩『ビッグコミックスピリッツ』にインタビュー掲載

 『仮面ライダーW』の続編となる漫画『風都探偵』の単行本3巻が6月29日に発売することを記念して、25日発売の『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)30号に、仮面ライダーアクセル/照井竜を演じた木ノ本嶺浩のインタビューが掲載されることが6日、発表された。

 25日発売の同誌では、単行本発売を記念して巻頭カラーで新章「pは悪魔だ」がスタート。木ノ本のインタビュー「俺に質問をするな!」では、撮り下ろしの写真を交えて、オーディション秘話や照井を演じる中で感じたこと、現在の夢などが掲載される。

 また、単行本3巻では帯にも木ノ本が登場し、同作にエール。巻末のおまけページではロングバージョンのインタビューで当時のことを詳細に語るという。

 同作は、小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街・風都が舞台。左翔太郎とフィリップは、その風都で鳴海探偵事務所に所属する私立探偵で、「街を泣かせる悪党は許さない」という2人の元に、数々の超常的な事件が持ち込まれる物語。

 脚本の三条陸氏をはじめ、監修にテレビシリーズのプロデューサー・塚田英明氏、クリーチャーデザインに寺田克也氏を迎え、テレビでみせた『仮面ライダーW』の世界観を完全に再現している。



オリコントピックス