• ホーム
  • 芸能
  • 有働アナ民放初登場にSNS沸く「大きめのつけまつげしてきた」

有働アナ民放初登場にSNS沸く「大きめのつけまつげしてきた」

 3月末でNHKを退局した有働由美子アナウンサーが2日、日本テレビ系『開局65年記念番組 日本テレビ+ルーヴル美術館「その顔が見たい!」』(後7:00〜8:54)で民放初出演を果たした。

 有働アナはフランス・パリへ赴き、民放初取材を敢行した。凱旋門付近で車から降りるなり撮影が始まり「いきなり!? さすが民放ですね。ちょっと緊張しています」とほほえみ、同行ディレクターに民放初ロケに臨む感想を聞かれると「ほんと眠れなかった〜!」と本音を漏らした。

 番組は「人間の顔と人生」がテーマ。自身の顔について「NHKに入ったときからアナウンサー顔じゃないと言われてきて、なるべく意識しないようにしてきた」と明かしたが、「と言いつつ、つけまつげしてきた。民放だから大きめのしてきた」と自らぶっちゃけて大爆笑し、SNSは「さすが有働さん」「面白い」「変わらない」と沸いた。

 シャンゼリゼ通りでのロケ中には、追突事故を起こした当て逃げ犯が逃亡する事件に直面。ロケ12時間前にはテロが発生していたことからジャーナリスト魂に火が付き、犯人を追跡する一幕もあった。

 有働アナはフランスロケから帰国後、「なにしろNHKに27年も出ていましたので、ご覧になって違和感のある方もいらっしゃるかと思いますが、今回の民放初出演、よければ見てやってください」とのコメントを寄せていた。放送中のSNSでは「違和感」「新鮮」「久しぶりでうれしい」との声であふれた。



関連写真

  • 日本テレビ『その顔が見たい!』で民放初出演を果たした有働由美子アナ(C)日本テレビ
  • フランス・ルーヴル美術館を訪れた有働由美子アナ(C)日本テレビ

オリコントピックス