• ホーム
  • 芸能
  • 濱田祐太郎、車の運転に挑戦「見えていないのに、けっこう運転できた」

濱田祐太郎、車の運転に挑戦「見えていないのに、けっこう運転できた」

 3月に行われた『R-1ぐらんぷり2018』で優勝した、ほぼ盲目の漫談家・濱田祐太郎の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)が、あす3日の深夜0時30分から1時30分まで放送。番組内で、濱田がずっとやってみたかったという“車の運転”に挑戦する。

【写真】その他の写真を見る


 自動車教習所ではじめてエンジンをかけた濱田は「これはテンション上がるな」と大興奮。カーブやバック、車庫入れなどを行ったが「『目が見えない人がそれやっていいのか?』という車の運転をさせていただいています。テレビの歴史を振り返っても数少ないと思います。見えていないのに、けっこう運転できたってことは、目が見えていたら走り屋になっていたと思います(笑)。運転のセンスはあるかなと思いました。見どころはズバリ、完ペキな車庫入れです」と手応えをにじませた。

 また、これまでのデートは家ばかりで「デートらしいデートはした事がない」という濱田のために、声が好きだという小倉優子鈴木奈々との代官山でのデートも実現。デート中、2人で濱田の全身コーディネートを行ったり、鈴木がかつて通っていたヘアサロンで最新ヘアにカットして大変身。小倉と鈴木も「雑誌とかに載っている男の子!」「超カッコいい!さらにイケメンになった!」と最大級の賛辞を送る。

 さらに「ユニットコントをやってみたい」という希望から、R-1の結果発表時に得票数が見えない濱田のために票数を教える優しさが話題になった紺野ぶるまとのコントにもチャレンジ。紺野が『R-1』で披露した「毒を吐きながら恋人をふるネタ」をやりたいという濱田は「ぶるまさんにふられたい!」と懇願。紺野も「うれしい!」と快諾し、5時間のネタ作りを経た渾身のコントが完成。濱田は「ほかの方とネタを考えるのは、自分にはない発想を聞くことができて、すごく勉強になりました。理想通りのコントができました」と声を弾ませた。

 時事問題を多分に盛り込んだネタの作り方を学ぶべく、爆笑問題太田光との対談を行うなど、さまざまな「初めて」を体験した濱田は最後に自身のホームグラウンドである大阪・漫才劇場で今回の“初体験”をネタにした漫談を披露。すべての収録を終えると「僕がただただ楽しんでいます。ひとつひとつ全く違う僕が見られると思いますので、ぜひ見てください!」と魅力をアピールしていた。



関連写真

  • 車の運転に挑戦した濱田祐太郎(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ
  • 3日放送の特番『濱田祐太郎のした事ないこと!』(C)カンテレ

オリコントピックス