• ホーム
  • 芸能
  • 立川志らく、18歳下の妻とのなれそめ明かす「パパみたいなもの」

立川志らく、18歳下の妻とのなれそめ明かす「パパみたいなもの」

 落語家の立川志らくが、きょう1日深夜にテレビ朝日系で放送される『東京らふストーリー』(毎週金曜 深0:50〜1:20)にゲスト出演。この日のテーマ「パパ活」にちなんで、自身の18歳年下の妻とのなれそめ、結婚秘話を明かす。

立川志らく、不倫ブームを達観「芸能人なんてそんなもの。軽蔑すればいい」 (17年09月12日)


 さまざまな業界で本当にあったおかしなエピソード=“らふストーリー”を再現ドラマで紹介していく番組。ゲストとのトークMCはフットボールアワー後藤輝基岩尾望)、山崎弘也アンタッチャブル)、新井恵理那が務めている。

 今回、スポットを当てる“パパ活”とは、女性が年上の男性とデートをしてお金を受け取る、新たな男女交際のカタチ。年上男性とデートに出かけるだけでお金がもらえるため、最近では彼氏がいながらパパ活に励む女性も多いといわている。

 「パパ活、やりたいと思いますか?」と、後藤に聞かれた志らくは「まったくわからないですね! パパ活なんかしなくたって、私の妻は18歳年下だもん。パパみたいなものです(笑)」と即答。「どうやって奥さんを口説いたのか聞かせて!」と山崎らが迫ると、自主制作映画の監督を務めた際、出演された女優さんで、相談に乗っているうちに気がついたら結婚していたと打ち明ける。

 山崎が「ギャラ払ったんですよね。じゃあ、パパ活をやってたってことですよね!? パパ活出身者ですよ!」とはやし立てると、志らくは「そのギャラは演技に対して支払ったものなので…! こういうことを話していると、“立川志らくはパパ活出身”って、ネットニュースに書かれちゃうからやめて!!」と、必死にけん制していた。

 番組では、実際にパパ活中の女性や、パパ活を利用している男性、紹介業者らを取材。パパ活を始める方法や、パパ活中に起きた驚愕のエピソードなどを、オリジナルの再現ドラマ『パパ活物語』に仕立てて紹介していく。再現ドラマに出演するのは、イジリー岡田磯山さやか植野行雄デニス)、江口直人どぶろっく)、岡田紗佳久保田かずのぶとろサーモン)、久住小春ダイアン、関太(タイムマシーン3号)、関町知弘(ライス)、高木晋哉ジョイマン)、森田涼花ら。

 パパ活女子たちが「太パパ」「神パパ」と呼ぶのは、いったいどんな男性なのか。そして、パパ活ならぬ、“兄活”も最近、増えているとの新情報も!? パパ活利用者らの声に、スタジオの反応は…!?



関連写真

  • 6月1日放送、テレビ朝日系『東京らふストーリー』ゲストの立川志らく(C)テレビ朝日
  • スタジオトークの模様(左から)岩尾望、山崎弘也、立川志らく、後藤輝基、新井恵理那(C)テレビ朝日
  • 6月1日放送、テレビ朝日系『東京らふストーリー』テーマは「パパ活」。驚きの実態をドラマで再現(C)テレビ朝日
  • 6月1日放送、テレビ朝日系『東京らふストーリー』テーマは「パパ活」。驚きの実態をドラマで再現(C)テレビ朝日

オリコントピックス