• ホーム
  • 音楽
  • 【第10回AKB総選挙】NGT48、選抜圏内に4人 荻野由佳「攻めていきたい」

【第10回AKB総選挙】NGT48、選抜圏内に4人 荻野由佳「攻めていきたい」

 国内外8グループ・過去最多339人が立候補し、29日から投票が開始された『第10回AKB48世界選抜総選挙』(6月16日開票、愛知・ナゴヤドーム)の速報が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で発表され、NGT48荻野由佳(19)が2年連続で速報1位スタートを切った。自身の持つ過去最多の速報得票数を4470票上回る5万9531票を獲得し、2位のSKE48松井珠理奈に2万588票差もの大差をつけた。

【試聴】NGT48の主な配信楽曲


 NGT48は暫定ながら、1位荻野、7位太野彩香、9位加藤美南、11位長谷川玲奈と、選抜メンバー(上位16人)圏内に4人を送り込んだ。新潟のNGT48劇場で見守っていたチームNIIIのメンバーは、チームメイトの名前が呼ばれるたびに抱き合ってお祭り騒ぎ。荻野の2年連続速報1位が確定すると、メンバーは「ヤバイ」「すごい」「ホント自慢だわ」と自分のことのように喜んだ。

 泣き虫で知られる荻野は突っ伏して泣いたものの「今年の総選挙の速報は正直とても怖かったんですけど、今年もこうして1位いただけてすごくすごくうれしいです。でも今日は、もう泣かないって決めました。みんなに強い姿を見せられるように泣かずに頑張りたいと思います。(開催地の)名古屋がホームのSKE48さんに負けないように、NGT48もどんどん攻めていきたいと思いますし、私自身もこのまま1番を狙わせていただきたいなと思います。最後まで応援をよろしくお願いします」とコメント。

 2年連続圏外で、目標を80位としていた太野は速報7位に入り「ずっと不安で呼ばれないと思ってたから…ありがとう」とファンに感謝。16年76位、17年71位とランクインしたものの、速報は2年連続圏外だった加藤は「毎年この場でつらい思いをしていたので、みんなの気持ちもわかる。キャプテンになったから恥をかけないという気持ちもあって苦しかった」と本音を漏らしつつ「本番まで気を抜かずに頑張りたいと思います」と気を引き締め、目標を100位としていた長谷川は「私は総選挙でも速報でも呼ばれたことがなかった。本番でも名前が呼ばれるようにこれからも頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

 また、暫定20位に入ったムードメーカーの山田野絵は「待って、待って! 誰か予想してた人いる? ありえる?」と笑いを誘い、「本当にありがとうございます、うれしいです!絶対にやせてグラビアやります。頑張ります」と意気込んだ。

■NGT48 速報100位圏内メンバー
1位 荻野由佳
7位 太野彩香
9位 加藤美南
11位 長谷川玲奈
19位 中村歩加
20位 山田野絵
22位 本間日陽
29位 西村菜那子
46位 中井りか
62位 西潟茉莉奈
83位 山口真帆
84位 高倉萌香



関連写真

  • 荻野由佳の2年連続1位で歓喜と驚きに包まれたNGT48劇場(C)AKS
  • 2年連続で速報1位となったNGT48荻野由佳(C)AKS
  • 2年連続圏外からいきなり速報7位に食い込んだ太野彩香(C)AKS

オリコントピックス