• ホーム
  • 音楽
  • 『覚悟はいいかそこの女子。』ナオト・インティライミ、サイダーガールが楽曲提供

『覚悟はいいかそこの女子。』ナオト・インティライミ、サイダーガールが楽曲提供

 シンガー・ソングライターのナオト・インティライミが7月10日の「ナオトの日」に発売する20枚目のシングルの表題曲「ハイビスカス」が、映画&ドラマで映像化される『覚悟はいいかそこの女子。』の主題歌に決定した。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる、椎葉ナナ氏の同名漫画 (全2巻/集英社マーガレットコミックス)が原作。ドラマがMBS/TBSドラマイズム枠で6月24日より放送され、10月12日に映画が全国公開される。

 “超絶イケメン”にも関わらず、“究極ヘタレ男子”の主人公・古谷斗和(ふるや・とわ)を中川大志が演じるほか、健太郎甲斐翔真若林時英ら注目の若手俳優が斗和の親友役で出演する。

 ドラマ&映画制作チームは、“ヘタレ男子”という共通点がありそうな(?)ナオトに対し、かなわぬ恋と知りながら奮闘する主人公のクライマックスシーンで使用する楽曲として、あきらめずに夢を追う中・高校生たちに勇気を与える応援歌のイメージで制作を依頼。それを受けてナオトは、実際に映画を観て、疾走感のあるサウンドに乗せ、主人公の不器用な弱さと、その奥にある強い思いをヒントに曲を書き下ろした。「この恋を成就させるためにはどんなことでもするという強い気持ちと、痛いほどひたむきなピュアさをサビにぎゅっと詰め込んでみました。うまく映画にマッチしたのではと強い手応えを感じています」と自ら語る自信作となっている。

 楽曲のタイトル「ハイビスカス」は、夏の楽曲という季節感と、たった1日で散る“1日 花”というはかなさと美しさが、 ドラマ&映画の若者たちのまぶしい恋とリンクするという趣旨からネーミングされた。さらには、花言葉である「勇敢」は、主人公の恋の成就に向かうひたむきな姿ともリンクする。

 主演の中川は、ナオトが2年間テレビCM楽曲を担当した「資生堂SEA BREEZE」に出演していたこともあり、公私ともに交流がある2人が久しぶりにタッグを組むことに。どんな化学反応が起きるか楽しみだ。

 また、3人組ロックバンド・サイダーガールのニューシングル「約束」が、ドラマ版の挿入歌に起用されることも決定。ヘタレ男子たちの恋愛模様を走感あふれる青春ソングが盛り上げる。メンバーを代表してギターの知は「伝えたい事がうまく言えなくていつも悩んでいる僕と、全力で胸の内を曝け出そうとしている僕たちと、ヘタレ男子の世界観とリンクする予感がして今から楽しみです」とコメントを寄せている。

■ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』放送情報
MBS: 6月24日スタート、毎週日曜 深0:50〜(初回は深2:10〜)
TBS: 6月26日スタート、毎週火 深1:28〜(初回は深1:35〜)
※その他の放送地域については、ドラマ公式サイトをご覧ください。

■ドラマ公式サイト
https://www.mbs.jp/kakugo/



関連写真

  • 映画&ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』主題歌はナオト・インティライミの新曲「ハイビスカス」に決定
  • サイダーガールの「約束」がドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』挿入歌に(左から) フジムラ (Ba.)、Yurin(Vo/Gt.)、知(Gt.)
  • 映画&ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』主演の中川大志(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
  • ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』挿入歌に決まったサイダーガールの「約束」(通常盤)
  • ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』挿入歌に決まったサイダーガールの「約束」(初回盤)

オリコントピックス