アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、新アパレルブランド「KITANOBLUE」設立 海外進出も視野

ビートたけし、新アパレルブランド「KITANOBLUE」設立 海外進出も視野

 タレントのビートたけしが、自身でプロデュースを手がける新アパレルブランド「KITANOBLUE」を立ち上げることが17日、わかった。たけしはこの日、都内で行われたデビュー展示会および発表イベントに登場するなり「プロデューサーって何をするんだって、裏で聞いていたところですが、よく意味がわかりません」と笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 同ブランドのコンセプトが書かれたチラシには「ビートたけしの感性を多くの人々に感じてもらうために立ち上げたブランド。ビートたけしの絵をTシャツやジャケットの裏地、マグカップや携帯ケース、トートバッグなどに使用して、男女問わず感じてもらえるよう、ユニセックスでのアイテムも多数用意しています。生地にこだわり和テイストを取り入れた粋で大人なブランドです」との紹介文が記載された。

 たけし軍団である無法松が、同ブランドを運営する「GONZO」の代表取締役に就任。その経緯について、たけしは「無法松がアパレルをやりたいっていうんで、だったらオレの名前とか絵を使っていいよって言った。今までオレが関与していないTシャツなんかがジャンジャン出ていて、それが売れたりしているから、だったら自分でプロデュースをやりたいなと思った」と説明した上で「無法松が社長で、オレが会社のプロデュースっていうことで、なんだかよくわかんないよ」と笑顔で打ち明けた。

 たけし軍団のメンバーは今回のブランド立ち上げについて知っているそうだが「絵の個展とかをやっている関係で、中国とか台湾とかにも進出して、海外進出を狙おうかと思っているんだよ」と今後の展望についても言及。「とにかく宣伝してください。私はいろいろやることがあるので関与しません(笑)。儲かっているといううわさを聞いたら、すぐ駆けつけますから」と最後まで“たけし節”全開で門出を祝っていた。

 表面上は無関心を装っているものの、本音では弟子である無法松のことを思っている。ブランド立ち上げをこの日に設定した理由を無法松が明かしていた。「師匠の家に飾ってある絵がほしくて、ずっと褒めていっていたところ『アパレルで使って、発売したらどうだ』と言われて立ち上げることになりました。そして、いざ羽ばたくという時に師匠がオフィス北野から羽ばたいてしまいまして、いろいろ落ち着きました時に軍団の兄さん方が声明文を出しました。5月17日にやろうというのは師匠が言ってくださったのですが、『あしたはお前の誕生日だろ』ということで、この日にしてくれました。すばらしい誕生日プレゼントをいただいた気がします」。たけしの思いが込もったブランドが立ち上がる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • アパレルブランド「KITANOBLUE」を立ち上げるビートたけし (C)ORICON NewS inc.
  • ビートたけしが立ち上げたアパレルブランド「KITANOBLUE」(C)KITANOBLUE
  • 記者会見でも「コマネチ」を披露 (C)ORICON NewS inc.
  • ビートたけしが立ち上げたアパレルブランド「KITANOBLUE」(C)KITANOBLUE
  • ビートたけしが立ち上げたアパレルブランド「KITANOBLUE」(C)KITANOBLUE

オリコントピックス