• ホーム
  • 映画
  • 松井玲奈、劇場版『仮面ライダー』初出演 元宇宙飛行士の知事役

松井玲奈、劇場版『仮面ライダー』初出演 元宇宙飛行士の知事役

 女優の松井玲奈(26)が、『仮面ライダービルド』の劇場版最新作にゲスト出演することが9日、明らかになった。北都の知事を演じ、東都の知事役で勝村政信(54)、西都の知事役で藤井隆(46)も出演。3人とも、実は元宇宙飛行士という異色の役どころに挑む。

 平成仮面ライダーシリーズ第19作目で、天才物理学者が仮面ライダーに変身し、予想を裏切るストーリー展開で話題の『仮面ライダービルド』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。劇場版最新作では、3つの国の対立で起きたライダーウォーズ(戦争)が終結した世界を描く。新政府の樹立によって東都、西都、北都には、これまでの首相に代わって新たに都知事が置かれ、3つの都市が一丸となって国を支えていく体制へと移行していくはずだったが、再び大きな脅威が戦兎の前に立ちはだかる。

 北都の知事・才賀涼香を演じる松井は「すごく好きな特撮、仮面ライダーに出られるということでびっくりしました。小さいお子さんも、一緒に見ている親御さんもみんなで応援できるところが仮面ライダーの魅力だと思います。初めての特撮の現場で、変身した仮面ライダーと一緒にお芝居をするかもしれないので、自分が今この作品で注げるものを全部注いで楽しんでいけたらいいなと思っています」とコメント。

 物語のキーパーソンとなる東都の知事・伊能賢剛役の勝村は「まさかこの年齢で、『仮面ライダービルド』とはかけ離れた私にオファーが来るとは思ってもおりませんでした。出演の話をまわりに話すと誰もが、『すげぇ!』と異口同音の反応をしておりました。子どもの頃に憧れた『仮面ライダーシリーズ』に参加させていただく名誉を、噛み締めて、丁寧に楽しんで演じさせていただきたいと思います」と意気込み。

 西都の知事・郷原光臣役の藤井も「台本に言いたい『セリフ』が満載で撮影が楽しみです。スケールの大きい『仮面ライダービルド』の世界観に振り落とされないよう全力で戦いたいと思います!」と気合を入れている。

 それぞれ役柄の詳細は明らかにされてはいないが、東映の大森敬仁プロデューサーは「お3方に演じていただく役は、天才物理学者である桐生戦兎さえも凌駕するほど、知性に富んだ元・宇宙飛行士にして三都の都知事です。敵なのか味方なのかは不明ですが、『ビルド誕生』に深く関わるミステリアスな役です」と紹介した。

 『劇場版 仮面ライダービルド』は、劇場版『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーen film(アン フィルム)』(仮)と2本立てで8月4日公開。



オリコントピックス