• ホーム
  • 映画
  • 前野智昭、若きハン・ソロの吹替声優に決定 ファルコンを賭けた360度映像解禁

前野智昭、若きハン・ソロの吹替声優に決定 ファルコンを賭けた360度映像解禁

 「スター・ウォーズ」シリーズ最新作、人気キャラクターの1人“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描く『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)で、若きハン・ソロの日本版声優に前野智昭が決定した。さらに、ハン・ソロとランドがファルコンを賭け、銀河では誰もが夢中になってしまうゲーム“サバック”に挑むシーンも公開された。スマートフォンかタブレットで360度見ることができる特別仕様。前野が吹き替えた日本語版となっている。

映画『ハン・ソロ』日本版ポスター公開 キャラクターの新情報も (18年04月18日)


 前野は、アニメ『弱虫ペダル』福富寿一、『図書館戦争』堂上篤、『KING OF PRISM』速水ヒロ、吹替では『アメイジング・スパイダーマン』のピーター・パーカーなど、幅広く活躍。「偉大なキャラクターの若き日を描いた作品ですので、オーディションの結果を聞いた時はとてもうれしかったです。しかし大きなプレッシャーも感じています」と喜びと重圧を明かす前野は「日本語版を担当させていただけるのはとても光栄です。多くの方があのテーマ曲やダース・ベイダーなどのキャラクターの名前は一度は耳にした事があると思いますし、後世の作品に多大な影響を及ぼした、とてつもない大きなシリーズです。吹き替えを担当させていただくにあたり、過去作を改めて拝見しましたが、やはり引かれるものがたくさんありました」と意気込みを語っている。

 ハン・ソロの幼なじみで謎の美女キーラには山根舞、悪名高きギャンブラーのランド・カルリジアンは綱島郷太郎、女性型ドロイドL3-37 には浅野まゆみ、ハン・ソロの師匠ベケットにはふくまつ進紗、犯罪組織を率いるギャングのドライデン・ヴォスには土田大らが決定している。

 「スター・ウォーズ」シリーズの第1作『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)に初登場したミレニアム・ファルコンはハン・ソロの“愛機”だったが、元々は悪名高きランドが持っていたもの。どうやってハン・ソロがファルコンを手に入れることになったのか、その過去が最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で明かされる。

 今回、公開された映像では、ハン・ソロとランドが向かい合ってカードを構えている姿を両方の視点から楽しむことができる。皮肉屋で勝気なハン・ソロは、ランドのスカーフを小馬鹿にしながらも、“今日はきっと俺ツイてる”と強運を武器にランドに挑む。ギャンブラー魂に火が付いたランドが、高額のコインだけではなく船=ファルコンを賭けると宣言すると、周りにいる大勢のクリーチャーたちからどよめきが起こる。一歩も譲らない“2人の悪党”同士の対決は、緊迫感にあふれハラハラドキドキの展開が待ち受けている様子だ。

 『エピソード6/ジェダイの帰還」(83年)では、ランドはレイア率いる反乱軍に入り、ジャバ・ザ・ハットに捕えられたハン・ソロを助け、熱い友情で結ばれる。そしてダース・ベイダー率いる帝国軍の巨大兵器の第2デス・スターを破壊することになるが、それよりもかなり昔の若き2人の“伝説”が明らかになる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)若き日のハン・ソロの吹替声優が前野智昭に決定(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserve.
  • 場面写真。ハン・ソロ(上)、ランド(下)(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserve.

オリコントピックス