• ホーム
  • 芸能
  • ユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 広告収入は100%還元

ユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 広告収入は100%還元

 集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』編集部が7日、ユーザー投稿型WEB漫画アプリ「ジャンプルーキー!」を配信した。広告収益は100%投稿者に還元し、人気作品は同誌に連載される。

【写真】その他の写真を見る


 同アプリは、漫画投稿・公開サービス「少年ジャンプルーキー」の内容と名前などを一新したもの。同サービスは2014年からスタートし、約3年半の間で投稿者から18人のジャンプコミックス刊行作家が誕生した。さらに多くの投稿WEB漫画と読者が集まるスマホ投稿漫画の決定版サービスを目指すため、今回のアプリがリリースされた。

 特徴としては、広告収入を100%投稿者に還元することで作者への収入を生み出すことや、青年誌や少女・女性誌ジャンルも募集しており「少年ジャンプ」に縛られない多様な作品投稿が誰でもできる。スマホアプリとしての使いやすさも追求し「縦ヨミ」専用で、約4万以上のインディーズ作品を読むことができるほか、作者とつながれるコミュニティー機能もある。

 また、漫画家の鳥山明氏や尾田栄一郎氏など15人のクリエイターから、同アプリの誕生を祝うメッセージが寄せられており、アプリ上のスプラッシュ画面でランダムに毎日1人ずつ紹介される。



関連写真

  • ユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」配信 (C)集英社
  • 広告収益は100%投稿者に還元(C)集英社
  • ユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」のイメージ画像(C)集英社
  • ユーザー投稿型漫画アプリ「ジャンプルーキー!」のイメージ画像(C)集英社
タグ

オリコントピックス