• ホーム
  • 芸能
  • 【TOKIO会見】国分太一、山口から辞表も「見捨てることできない」

【TOKIO会見】国分太一、山口から辞表も「見捨てることできない」

 人気グループ・TOKIO山口達也(46)が東京地検より不起訴(起訴猶予処分)となったことを受け、他メンバーであるTOKIOの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、午後2時より都内で緊急会見を行った。国分は山口が4人に辞表を提出したことに対して「山口を見捨てることはできない」と複雑な胸中を吐露した。

【TOKIO会見】松岡昌宏、涙で葛藤明かす 「TOKIOなくしたほうがいい」との思いも


 冒頭、「被害に遭われた方、そしてご家族に同じグループとして謝罪させていただきます。そして、TOKIOを信じ一緒に仕事をしてくださった皆さま、そしてなにより自分たちを信じついてきてくださったファンのみなさま、悲しい思いをさせて本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。

 自身がMCを務めるTBS系情報番組『ビビット』では事件発覚後から毎日のように山口の話題を取り扱うなかで「正直、ここ数日、複雑です。今も複雑な状況でしゃべっています。朝起きてここ数日、自分がやっている番組で山口の記者会見を何度も見ます。悔しい想い、寂しい想い」と葛藤の日々を告白。「ただ自分の心の片隅に手を差し伸べてしまいたくなる時もあります」と本音をこぼした。

 城島からは先月30日には事件発覚後、初めて5人集合して話し合いを行い、山口からは土下座での謝罪と『辞表』が城島へと手渡されたことも明かされた。これに対して国分は「山口が自分たちの前で辞表出した時、何が起きたのか分かりませんでした。普通はこの辞表を認めるべきだと思いますが、(その時は)自分たちも冷静ではなかったですし、山口もかなり憔悴しきっている状態」とし、「もしその辞表を受理したとしても、僕は山口を見捨てることはできません」と声を震わせた。

 辞表は現在、城島が預かっている状態だが、「彼が被害者の方とどう向き合っていくのか、彼と自分とどう向き合っていくのか。それをしっかりと続けなくてはいけないと思っています」と話していた。



関連写真

  • 謝罪会見を行ったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見を行ったTOKIO(左から)城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 謝罪会見をおこなったTOKIO(左から)長瀬智也、国分太一、城島茂、松岡昌宏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス