• ホーム
  • 芸能
  • 千鳥、キー局初の冠レギュラー番組 “最強のロケ芸人”本領発揮

千鳥、キー局初の冠レギュラー番組 “最強のロケ芸人”本領発揮

 お笑いコンビ・千鳥のコンビ名をタイトルに掲げたキー局初のレギュラー番組『千鳥の路地裏探訪』がテレビ朝日系で29日(前10:00〜11:45)よりスタートする。“最強のロケ芸人”として名をはせる千鳥(大悟・ノブ)が、「路地裏はクセだらけじゃ〜!?」と、都会の路地裏を歩く街ブラバラエティー。

 繁華街にある大通りから1本入った路地裏で“クセ”のある場所を探したり、そこに住む人を“深掘り取材”したり。2017年12月に3週連続企画として放送され、好評を博した企画が月イチのレギュラー番組となって日曜の朝に登場。 記念すべき初回のロケに繰り出した千鳥の2人が、意気込みを語った。

 第1回目の舞台は、東京・新宿。都庁前からスタートした千鳥の2人。少し歩くと、昭和の面影が残る路地裏を発見する。高層ビルの狭間に昭和の原風景が浮かび上がる、そのコントラストに2人は驚愕して…。

 さらに、千鳥は昔ながらの趣きあふれる家々にアポなし訪問。どうしてこの場所に暮らしているのか、突撃取材していく。大都会の路地裏にひとりで暮らす女性は「昔はビルなどはひとつもなく、原っぱだった」と、かつての新宿を振り返る。また、50年以上前からこの地で暮らしているという夫婦は、千鳥の後押しで初めてのプロポーズをすることに。

 その後、ゲストのロッチ中岡創一平成ノブシコブシ吉村崇が合流。中岡は路地裏のお宅を訪ねて風呂に入らせてもらおうと意気込むが、その願望ははたして実現するのか!? そんな昔ながらの住宅の取材だけでなく、路地裏グルメも堪能。路地裏ロケを通して大都会の知られざる一面とその歴史を浮き彫りにする。

 第1回目のロケを終えた2人は、「東京の路地裏で出会った人たちは、田舎のロケで出会う方々とまるで同じ! 路地裏には東京の元々の姿が残っているんだなと思いました」(大悟)、「こんな大都会にも昔ながらの路地裏が残っていて…あったかい人たちがまだまだ東京にいるんだなと勉強になりました」(ノブ)と、興奮冷めやらぬ表情で感想を語った。

 さらに、大悟は「もしかしたらいちばん“素”の千鳥が出ている、僕ららしい番組かもしれません」と、千鳥の魅力が満載であることをPR。ノブもまた、「僕らは普段どおりに歩くので、ほっこり楽しんでくれたらいいな。路地裏からどうしても“クセ”がにじみ出てきてしまうと思うので、そのへんも楽しんでもらえたら」と、自身のツッコミの名フレーズをもじって語っていた。



関連写真

  • 新番組『千鳥の路地裏探訪』4月29日スタート(C)テレビ朝日
  • 千鳥の大悟&ノブがぶらりと路地裏を歩く新番組

オリコントピックス