• ホーム
  • 芸能
  • 坂口健太郎、サプライズ登場も苦笑 盛り上がり「ちょうど中間でしたね」

坂口健太郎、サプライズ登場も苦笑 盛り上がり「ちょうど中間でしたね」

 俳優の坂口健太郎(26)が26日、都内で行われたトーンモバイル『TONE SIM(for iPhone)』発売イベントに出席。女子高生の前に先生姿でサプライズ登場した坂口だったが、女子高生も驚きのあまり、声が出なかったようで「あれ、ちょっと静かですけど大丈夫ですか」と苦笑した。

 坂口による授業が始まるも、静かな女子高生に対して「本当は真面目に学校で授業を聞いていることないでしょ」と会場を和ませつつ、登場時を振り返り「いや、どうなるかと…盛り上がりがちょうど中間でしたね」と笑った。

 司会からの何の教科の先生をやってみたいかという質問に対して坂口は「歴史です。文系なので国語や歴史です」とにっこり。高校時代はバレーボールに所属し、その顧問の先生が歴史担当で好きになったという。歴史の楽しさについては「授業の中で話が脱線するのが面白い」と明かし、歴女ならぬ、歴男をアピールした。

 同イベントで発表された「TONE SIM(for iPhone)」は、家族向け見守りサービス「TONEファミリー」をiPhoneでも利用できるように開発されたiPhone専用SIMであり、きょうよりトーンモバイルHPにて発売開始。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 女子高生に「ドキドキする」と語った坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス