• ホーム
  • 音楽
  • 小沢健二ツアーに満島ひかり参加 ボーカル・演劇・ギター演奏も

小沢健二ツアーに満島ひかり参加 ボーカル・演劇・ギター演奏も

 シンガー・ソングライターの小沢健二のライブツアー『春の空気に虹をかけ』が23日、東京国際フォーラム ホールAで初日を迎えた。

 本ツアーを前に「36人編成ファンク交響楽」と予告していたとおり、ステージには服部隆之氏ら一流音楽家・ミュージシャン36人がズラリ。薄暗い照明の中でオープニングナンバーを演奏中には「ボーカル、満島ひかり」と紹介され、会場はどよめきと歓声に包まれた。満島は全ての楽曲に参加し、ボーカルのみならずドラムパッドやエレキギターも演奏。曲によっては演劇的な要素を加え、バンドの要を担う。

 昨年12月、小沢がホストを務めるアップル・ミュージック制作の配信番組『Tokyo, Music&Us』で満島をゲストに迎えて共演したことがきっかけ。番組でデュエットした「ラブリー(東京湾上屋形船ライブは雨)」は、小沢の最新シングル「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」(2月発売)のカップリング曲として収録されている。

 小沢は「アップル・ミュージックの収録では、リハーサルなしのぶっつけ本番にもかかわらず、声が気持ちよく合った。対談の内容からも、『ラブリー』1曲をギターで歌うのではなくて、大編成のライブ全体を一緒にやるイメージが浮かんだので、参加を打診してみた」と説明。「満島さんには歌だけでなく、演奏にも演出にも美術にも、どんどん参加してもらいました」とコメントしている。

 なお、大編成のバンドメンバーの椅子は全て打楽器となっており、全員で打楽器を打ち鳴らす場面も。「東京恋愛専科」ではストリングス隊が楽器をケースにしまい、シャボン玉を吹き続けた。さらに、37人目のメンバーとして、写真家・奥山由之氏がステージ上で写真を撮り続けるなど斬新な演出と演奏で観客を楽しませた。

 同ツアーは4月29日に大阪城ホール、5月2・3日に東京・日本武道館と続く。



オリコントピックス