• ホーム
  • 芸能
  • 須賀健太、“2.5D博士”に扮して2.5次元作品の魅力を語る

須賀健太、“2.5D博士”に扮して2.5次元作品の魅力を語る

 俳優の須賀健太が、2.5次元ミュージカル(2.5D)のプロモーション活動を行う「2018年度 2.5D アンバサダー」に就任し、18日に都内で行われた就任式に出席。

【写真】その他の写真を見る


 日本2.5次元ミュージカル協会では、昨年4月より、毎月25日を「2.5Dの日」と認定。初代2.5Dアンバサダーの加藤諒に続く、2代目として須賀が、2018年度の1年間、2.5Dの作品の魅力を伝えるために、公式番組への出演など各種2.5Dのプロモーション活動を行っていく。

 公私共に親交の深い加藤から引継ぎ、新2.5Dアンバサダーに就任した須賀は、これまでハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」などの2.5D作品に出演。「いつの間にか、2.5Dとも深く関係を持たせていただきまして。もともと2.5Dを知っている方にはより深く、そして2.5Dを知らない人には新しく魅力を知ってもらえるような1年にしていけたらと思います」と意気込む。

 プロモーション用のビジュアルで、“2.5D博士”に扮している須賀は「僕が2.5D博士になって、一緒に2.5Dを研究していくというコンセプトです」と説明し、自身の白衣姿について「役でもなかなか白衣を着る機会がなくて。今やりたい役No.1が医者なんですが、まだ来ないんですよね……」と吐露。そして「これで博士のイメージを1年間でつけて、役に繋げられたら」と野望を明かしていた。

 4月25日からは、2.5Dオフィシャル番組『What's 2.5D?』が、動画配信サービス「GYAO!」にてスタート。須賀が2.5Dで活躍する俳優をゲストに招いて話を聞く『健太ラボ』や人気公演のキャストの素顔に迫る『すっぴんキャスト』など、2.5Dの情報が凝縮された番組が無料配信される。

『健太ラボ』の第1回ゲストとして、数多くの2.5Dに出演する鈴木拡樹を招いての収録を振り返り、「鈴木拡樹さんは、2.5Dで長く活躍されている方なので、お話を聞いていて、“あ、そうなのか”と思う瞬間がたくさんあり、僕自身もとても有意義な時間でした」とコメント。

 就任式に登場した日本2.5次元ミュージカル協会理事の松田誠は、須賀に対して「まだ23歳だけど芸歴20年。ドラマや映画など、芸能の第一線で活躍されている方が、あえて2.5Dをやってくださっている意味はすごくあるし、ありがたいこと」と明かし、番組のMCぶりを見て「トークの回しが上手い!みなさんも番組見てください!!めちゃくちゃ上手いです。そっちの仕事も来ちゃうかも」と絶賛していた。

 また、今後やってみたい作品や役柄を聞かれると、人気作の『僕のヒーローアカデミア』と『とんかつDJアゲ太郎』を挙げ、「両方ともできたら主役をやりたいです。ココ、太字で書いておいてください!」と猛アピール。

 そして最後に「2代目ということで、初代の加藤諒さんの思いを引き継ぎながら、さらに広く多くの方に2.5Dの魅力を知っていただけるように、全身全霊、全力でまい進していきたいと思います」と決意を新にした。



関連写真

  • 新2.5D アンバサダー就任式に出席した須賀健太(C)Deview
  • 新2.5D アンバサダー就任式に出席した、日本2.5次元ミュージカル協会理事・松田誠と須賀健太(C)Deview
  • 新2.5D アンバサダーの拡大版名刺を持ってアピールする須賀健太(C)Deview
  • 新2.5D アンバサダー就任式に出席した須賀健太(C)Deview
  • 新2.5D アンバサダー就任式に出席した、日本2.5次元ミュージカル協会理事・松田誠(C)Deview
  • 「2.5Dとは『夢の場所』と書き込んだ須賀健太(C)Deview
  • 新2.5D アンバサダー就任式に出席した、日本2.5次元ミュージカル協会理事・松田誠と須賀健太(C)Deview
タグ

オリコントピックス